最近の更新
サイト内検索
Google


www.jakushou.com を検索
WWW を検索
カウンタ
  • アクセスカウンタ合計の来訪者数
  • 昨日アクセスカウンタ昨日の来訪者数
  • 本日アクセスカウンタ本日の来訪者数
翔みならの作品とつぶやき
ご案内

2019年10月18日

初めて大学病院に行く

 相方の付添で大学病院に行きました。
 かなり新しい建物で、真ん中のところは、3階まで吹き抜けになっていました。
 電子化が進んでおり、診察室の入り口をはじめ、各所にモニタが設置され、さまざまな情報を表示していました。
 ちなみに、本日の予約者は2,300人以上いたとのことでした。
 それだけ最新技術が駆使されていたのですが、そのモニタや掲示されている紙には、無料素材のイラストが多用されていました。
 立派な建物や電子機器を揃えたぶん、告知用のコンテンツに使える予算が削られている、という事でしょうか。
 また、面談したお医者さんからも、かなり率直に、経営的な苦しさを話されました。
 大学病院でこれなのですから、普通の病院はもっと大変なのでしょう。
 もちろん、一番心配なのは相方の病状ですが、それに次いで、日本医療の先行きも心配になりました。

掲載時刻 22:36

2019年10月17日

善意と責任者

 先日の台風がらみで、ちょっと面倒な仕事が入りました。
 そこで、現場に入ったのですが、自分が到着した時は、既に二人の人が作業をしていました。
 一人は、本来来るべき時間より早く来ており、もう一人に至っては、本来、作業する義務がない人です。
 にも関わらず、面倒な仕事である事を意識して、こうやって来てくださったわけです。
 しかしながら、結果的には、それによって、別の不具合が発生してしまいました。
 理由は、その業務の責任者である自分が指示・管理する前に行った作業に間違いがあったためです。
 とはいえ、その二人を批判する気は毛頭生じませんでした。なにしろ、いずれも良かれと思ってやってくださったからです。
 もし、自分がその二人と同じ考えで、もう少し早く来ていたら、最高の結果になっていただけに悔やまれます。
 改めて、いくら善意で頑張ってくれる人がいくらいても、責任者がしっかり動かないと、いい結果が出ない、という事を身を以て理解することができました。

掲載時刻 23:49

2019年10月15日

災害デマ

 年に数回の大水害がすっかり当たり前になった日本ですが、水害のたびにネットに流されるデマがあります。
 それは、「民主党政権のときに、『スーパー堤防』を事業仕分けで中止したため、今回の水害は防げなかった」というものです。
 この言説には何重ものデマが絡まっているのですが、とりあえず、一番明らかな事は、「スーパー堤防とは洪水を劇的に防ぐものではない」という事です。
 仮に「スーパー堤防」が完成していたとしても、今回の水害の軽減にはなりませんでした。
 ついでに、「スーパー堤防」の完成見込みを調べてみると、さらに興味深い事実がつかめます。お時間のある方は調べてみてください。

続きを読む "災害デマ"
掲載時刻 22:40

2019年10月14日

山梨に旅立てない「あずさ」

 近所の電車車庫に「あずさ」が止まっていました。
 「あずさ」は夜に千葉に来て、朝7時には山梨に向かって千葉を出る電車なのに、なんで今ここにいるのだろうか、と一瞬疑問に思いました。
 そして、中央線が台風で重大な被害を受けて運休中だという事を思い出しました。
 その結果、本来走るべき山梨や長野に行けず、幕張本郷で暇を持て余しているわけです。
 それを思うと、車庫に佇む「あずさ」には哀愁みたいなものを感じました。
 中央線をはじめとする全国各地の災害が一日も早く復旧し、早く、この「あずさ」も本来の活躍場所に戻れることを願っています。

掲載時刻 21:31

2019年10月13日

台風一過

 ここ数日、台風の事ばかり書いていました。
 結果的には、昨日書いた、短時間の停電を除けば、我が家の被害は何もありませんでした。
 もっとも、隣の市原市で自分と同年齢の方が犠牲になったのをはじめ、現時点で判明しているだけでも、19人の方が亡くなられたわけです。
 また、報道的には関東を通り過ぎて一安心、という雰囲気がありました。しかしながら、東北でも、大変な状況になっています。
 改めて、地球温暖化に伴う自然災害の激烈化と、それに対応しきれていない現状を痛感させられました。

掲載時刻 19:46

2019年10月12日

停電と大行列

 朝、30分ほど停電がありました。幸い、すぐに復旧しましたが、その間、水も止まっていました。
 おそらく、電力で水を汲み上げる仕組みなのでしょう。
 短時間ながら、色々と苦労しました。改めて、「問題なく電気が使える」ことの貴重さを痛感しました。
 その後、スーパーに行きました。レジには桁違いの大行列ができており、副店長さんまで出てきてレジ打ちしていました。
 結局、30分近く「レジ待ち」する羽目になりました。
 続いて、ガソリンスタンドに行ったのですが、こちらも車が行列になっていました。
 昨日、スタンドが閉まっていた事もあり、ガス欠寸前、という状況でした。もし、自分の番になる前に、売り切れになったら…。とかなり不安になりましたが、何とか入れる事ができました。
 というわけで、台風が本格的に来るのは夜だというのに、午前中から台風対応でてんやわんやになりました。
 まあ、この程度で済めば、幸運というべきでしょう。
 何とか、無事に通り過ぎることを願っています。

 
掲載時刻 18:46

2019年10月11日

窓を目張りする

 我が家の海側に麺した部分は、ベランダに出入りするガラスがあり、その上に天窓があります。
 ベランダに出入りする部分には雨戸がありますが、天窓にはありません。
 今回、台風に備え、その天窓をダンボールとガムテープで目張りしました。
 半世紀生きてきましたが、窓の目張りをするなど、初めての事です。
 それだけ、今回の台風情報の恐怖感は半端ではありません。
 これ以上できることはもうないのですが、とりあえず、人事は尽くしました。この目張りが結果的に無意味になることを願っています。

掲載時刻 22:21

2019年10月10日

台風に備える

 先月の台風15号の時は、雨戸を閉めるくらいの対策しか取らず、また、幸運にも何一つ被害はありませんでした。
 しかしながら、今週末に来る台風19号は、それ以上の規模と強さと言うことです。そこで、我が家も、物干しを補強したり、保存食を買い込むなど、「台風対策」を行いました。
 この家に住むようになって、今月でちょうど22年になりますが、こんな事は初めてです。
 もちろん、直接の被害はなかったとはいえ、あの台風15号がもたらした惨状にショックを受けた、というのもあります。
 というわけで、とりあえず「備え」はしました。もっとも、だからといって「憂いなし」にはならないのが、困ったものです。

掲載時刻 18:00

2019年10月09日

「英語を話す能力」とは?

 海外在住経験のミュージシャンが、「日本でまじめに6年、9年間英語の授業を受けてもほとんどの人が英語を話せない。そんなの普通に考えておかしい。」とツイッターに投稿していました。
 自分的には、英語はまだマシなほうで、数学や理科だとはっきり言って、高校必修レベルの知識すら持っていません。ただ、それがおかしいとは思っていません。何しろ、使う事がなかったからです。
 一方で、コンピュータに関するものは、学校では一切習わなかったにも関わらず、それを10年以上仕事にしていました。

続きを読む "「英語を話す能力」とは?"
掲載時刻 21:43

2019年10月07日

ヤフー離れ

 前職のお客さんで、今でもPC周りのサポートをしている方から、「ヤフーメールをやめたい」という依頼を受けました。
 先日、ヤフーブログが廃止になりましたが、別にヤフーメールがなくなるわけではありません。
 そして、新メールアドレスの伝達など、手間がかかります。ちょっと不思議に思いながら、先方宅に向かいました。

続きを読む "ヤフー離れ"
掲載時刻 21:15

2019年10月06日

文字通り一山こえる

 先月下旬から、非常に忙しかったのですが、その忙しさの何割かを占めていた仕事が何とか片付きました。
 この仕事の厄介なところは、本来、長年、自分が非常に得意としている分野だ、という事です。
 ならば簡単に解決するだろう、と普通の人は思うでしょう。
 しかしながら、その仕事には、いろいろなしがらみがあり、それゆえに、自分の経験が活かせない、という問題があります。
 それゆえに、もどかしさが生じ、動きがぎこちなくなる、という事が悩みのタネでした。
 しかしながら、今回は、失敗してしまった事もふくめ、その、しがらみに悩まされた部分もかなり、理解できたように感じました。
 やっと、「自分のもの」にできた、という感じです。
 というわけで、かなり疲れましたが、来年に向けて、いい感触を持つことができました。

掲載時刻 22:24

2019年10月05日

10月で真夏日

 今日の気温は30度を越えました。定義では「真夏日」にあたります。
 もちろん、10月上旬でも暑さを感じる日は、昔もありました。
 とはいえ、「真夏日」を記録するというのは記憶にありません。
 改めて、年を追うごとに、温暖化が深刻になっている事を実感させられた一日になりました。

掲載時刻 22:29

2019年10月04日

目一杯働く

 今の仕事は月末月初が一番多忙になります。それに加えて、年に一度入ってくる仕事と、突発的に生じたトラブルに伴う仕事が重なり、極めて多忙な一週間を過ごしました。
 それだけ忙しいと、本当に物を考えることができなくなります。ただ、目先の業務をこなしていくだけ、という感じになってしまっています。
 まあ、数年に一度の忙しさだと割り切ることにしました。とりあえず、日曜を過ぎれば一段落しますので、それが終わったら、休養を取って、色々と考え事をしていこうと思っています。

掲載時刻 22:24

2019年10月03日

都内運転デビュー

 仕事の都合で、御徒町まで車を運転しました。免許を取ってそろそろ4年めになりますが、千葉県外を運転したのは初めてです。
 京葉道路から首都高に入り、錦糸町で降りました。
 そこから、御徒町まで行くのに、えらく苦労しました。右折レーンに入りそこねて、秋葉原から反対方向の神田に行ってしまったりもしました。
 また、離合や車線変更なども、千葉とはちょっと違うこともあり、非常に神経を使いました。
 用事をすませ、再び首都高から京葉道路に入り、「ここから千葉県」という表示を見た時は、安堵感がありました。

続きを読む "都内運転デビュー"
掲載時刻 22:42

2019年10月02日

最後の飲み会

[ ]

 4年前の10月1日に、相方と弟と三人で飲みました。
 その頃の自分は、色々と行き詰まっており、かなり無茶飲みしてしまいました。
 そろそろお開き、というときに、弟がボトルを追加しました。
 かなり酩酊していたのですが、「なんで、これだけ飲んでいるのに、ボトルを追加するのだろうか」とちょっと不思議に思ったものでした。
 とはいえ、このボトルを、次の飲み会で弟と開けようとは思いました。
 しかしながら、結果的に、この飲み会は、弟との最後の飲みになりました。
 その時点では、まさかこれが最後だとは自分は夢にも思っていませんでした。
 4年経ちましたが、そのとき、弟がボトルを追加したことは、なぜか今でも鮮明に覚えています・

掲載時刻 23:50

2019年09月30日

身を持って値上げを実感

 今回の消費税増税に伴い、政府は、10月になってからの消費大幅減を防ぐためと称して、事前に値上げすることを奨励しました。
 実際、毎月、さまざまなものが値上げされたり、値段は同じだけれど量が減る、などという事が起きています。
 そして、実際に家計を見ていると、明らかに出費が増えています。
 増税前でこれなのですから、明日からはさらに物価が上がるわけです。
 これでは、お金を使うことを控えざるを得ません。
 もちろん、これは我が家だけの話ではないわけです。
 そうやって皆が消費を控えれば、経済がどうなるかは火を見るより明らかだと思うのですが…。
 様々な愚策を行い続けている今の政権ですが、この消費税10%増税は、その中でも特に酷い悪政として、将来、語り継がれると思っています。

掲載時刻 22:58

2019年09月29日

「手書き」の価値

 最近はさすがに減りましたが、ある時期まで「手書きの文章には誠意が込められている」などという俗説が吹聴されていました。
 パソコンで紙に打ち出した文書でも、メールなどで電子的に送付した文書でも、誠意を込める事はいくらでも可能です。
 一方で、手書きの文章で大嘘を書き、読み手を騙すことも簡単にできます。
 こんな事、ほんの少し考えれば、誰でもわかることです。にもかかわらず、この「手書き=誠意」みたいな戯言が、かなりの期間、流布されていました。
 まあ、手書きというものに過剰な価値を見出す人たちによる風説だったのでしょうね。それが自然淘汰されつつある、という現状には好ましいものを感じています・

掲載時刻 22:46

2019年09月27日

エクセルで作った説明書

 とある大学病院が発行した説明書を見ました。
 読んでいて気になるのが、各業の文末です。行によって、終わる地点が異なり、えらく凸凹しています。
 これまでも、にたような凸凹した文書は何度も見ていました。
 そのため、その原因が、エクセルでこの説明書を作ったから、というのもひと目でわかりました。
 今から20数年前にワードとエクセルが日本で爆発的に普及しました。
 本来、文書を作るのはワードで、表を作るのがエクセルです。ところが、ワードの独特な癖についていけなかった人たちは、文書作成までエクセルでやるようになってしまいました。
 そのため、様々な見栄えがおかしく、修正も困難な文書が大量に登場したわけです。
 数年前、市役所がそのような「無茶エクセル文書」への記入を求めているのを見て、呆れた事がありました。
 しかし、まさか大学病院にまで、そんなエクセル文書が蔓延しているとは思わず、ちょっと驚きました。
 今更ですが、あの20数年前に、社会人がワード・エクセルを正しく学ぶ環境を構築しなかったのは、重大な誤りだったな、と強く思いました。

掲載時刻 20:28

2019年09月26日

久々に嬉しくなったニュース

 13年前に辞めた職場で色々とお世話になった人にいい事がありました。
 そのニュースを見た時は、かなり嬉しい気分になりました。
 しばらく喜びに浸ったあと、このような嬉しいニュースを見たのはいつ依頼だろうか、と思いました。
 実際、今日も、世の中を80年前の暗黒時代に戻すような、ろくでもない事を政府が決定した、というニュースがありました。
 残念な話ですが、当分の間は、このような、良くないニュースばかりが続く日々になりそうです。
 しかしながら、嫌なニュースに耐え続けようと思う気は毛頭ありません。
 このろくでもない世の中を根本から変え、楽しいニュースがそうでないニュースを上回るような生活を送れるよう、自分なりに頑張っていきたいと思っています。

掲載時刻 22:07

2019年09月25日

マウンティングの典型例

 国連で、16歳の環境活動家のグレタ=トゥンベリさんが、現在起きている環境破壊を非常にわかりやすく批判する演説を行いました。
 日本の各メディアもトップニュースで扱っていました。おそらく、世界各国でも各メディアが大第的に取り上げた事でしょう。
 当たり前のことですが、このように世界的な影響力を持つことなど、普通の人間にはできません。天才的な活動家であることは明らかです。
 ところが、ネットでは、彼女が16歳である、というだけのことで、「年上の自分のほうが、世の中の事を解っている」という趣旨で彼女を見下す投稿が大量に発信されています。
 当然ながらこの人達は、国連で演説して、内外のメディアにトップで取り上げられた経験などありませんし、今後もほぼ100%、そのような可能性はありません。
 にも関わらず、「年上」というだけで彼女にマウンティングして、偉そうに「説教」をしているわけです。
 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の典型例、ともいうべき、醜態を見させられました。

掲載時刻 21:28

2019年09月24日

囲碁のテレビ中継

 昨日の話ですが、囲碁のテレビ中継を見ました。
 囲碁については、自称33級という腕前です。相方に至ってはほとんど打った事すらありません。
 しかしながら、画面を見ていると、かなり楽しめました。
 こういうご時世らしく、プロ棋士たちは、AIを使って解説しています。そして、AIは現在の形成を「黒23、白77」という感じで表示をします。
 さらに、次の手も予想し、ここに打ったら「黒20、白80になる」と表示します。
 もちろん、我々は囲碁の形勢判断などできません。しかし、それを見ながら、「お、AIの予想通り打った」などと楽しめるわけです。
 途中まで、白が良かったのですが、ミスがあって、AIが「ここに打てば逆転」という場所に黒が打ちます。その直後、白番の棋士が、「失敗した・・・」という動作をした、というのが面白いと思いました。
 将棋にも言えることですが、AIがプロより上にいった事で、解説や観戦のやりかたも変わったのだな、と思いました。
 また、たまには囲碁中継も見てみようか、と思いました。

掲載時刻 22:10

2019年09月23日

触るだけで治った障害

 セキュリティソフトの更新を頼まれていた人に、「ネットがつながらなくなったから、前倒しでソフト更新とネット復旧をお願いしたい」という依頼を受けました。
 ネットについては、Wifiルータの電源入れ直して即座に復旧し、その後、問題なくセキュリティソフトを更新しました。
 帰宅して、順調にいったと安心していたら、「ネットがつながらなくなった」との連絡がありました。
 電話で、通信機器の再起動をお願いしたのですが、何度やっても繋がりません。仕方ないので、翌日となった今日、再度訪れました。
 通信機器を見たら、たしかに接続に異常が生じています。しかしながら、昨日、正常に接続していた事は確認済みです。
 そこで、再度、通信機器の再起動をしたところ、あっさり復旧しました。
 やった事は、前の日の帰宅後に電話で説明した事を同じなのですが…。
 不思議な話ではありますが、とりあえず、頼ってもらえたのは嬉しく思いました。

掲載時刻 23:26

2019年09月22日

久々の大久保

 久しぶりに習志野市大久保に行きました。
 前にここで仕事をしていたとき、ちょくちょく通っていてパン屋さんがなくなっていました。
 お客さんはいるけれど、経営者夫妻の高齢化、後継者の問題、そして消費税増税などにより、廃業を決意したと、近所の人に聞きました。
 他にも、当時の職場のすぐそこにあった、ゲームセンターも取り壊されて更地になっていました。
 大学が二つあることもあり、この近隣では最も栄えている商店街といえる所です。しかしながら、やはり、この慢性的な不況と、それに追い打ちをかけるような増税が、こうやって、個人商店にダメージを与えているのだな、と改めて痛感させられました。

掲載時刻 20:19

2019年09月20日

予測と願望

 未来の事を想定するのは当然ながら難しいことです。
 当然ながら、普通の人は「こうなったらいい」という未来を想定し、それにあわせて実現計画を立てます。
 ただ、その際に「こうなったらいい」という願望が強すぎると、ついつい現実とかけ離れた計画を立ててしまいがちです。
 もちろん、現実に縛られては、希望の持てる未来は描けません。とはいえ、あまりにも現実離れをしてしまっては、誰も実現性を認めてくれず、相手にしてもらえなくなります。
 この「予測」と「願望」の線引は難しいものではあります。とはいえ、常に未来の計画を立てるときには、それが「願望」になっていないか、注意深く確認する必要があります。

掲載時刻 23:34

2019年09月19日

電話対応の劣化

 普段使わないメガバンクATMでお金をおろす必要が生じました。
 車でいくつもりだったのですが、銀行には駐車場がなく、提携駐車場を利用するという形になっています。
 そこで、ATMを使うだけで提携駐車場が無料になるのかどうかを確認することにし、銀行のサイトにあった地元の市外局番から始まる番号にかけました。
 ところが、つながったのは、銀行の事務所でなく、コールセンターでした。

続きを読む "電話対応の劣化"
掲載時刻 23:49

2019年09月18日

ギブアンドテイクとテイクアンドテイク

 昔から、他人の事を手伝ったりサポートしたりするのが好きです。
 別に、見返りを期待しているわけではありません。ただ、そうしたいからしているわけです。
 ただ、それへの対応は、人それぞれです。ある人は、こちらが手伝うと、その分、なにかこちらも手伝えないか、と全力で対応してくれます。
 今日は、そのように日頃から助け合っている人にサポートしてもらったおかげで、突発的なトラブルに対し、万全の対応を取ることができました。本当に感謝です。
 一方で、これまでの長い社会人生活では、こちらが頑張ってサポートすると、それが自分の当然の権利であるかのように勘違いし、さらなるサポートを当然のように求めてくる人も少なくありませんでした。
 さすがの自分も、こういう人のサポートや手伝いを続ける気はなくなってしまいます。こういう人たちが、なぜ「ギブアンドテイク」という発想がなく、「テイクアンドテイク」という発想になるのか、本当に不思議です。

掲載時刻 22:30

2019年09月16日

風邪が抜けない

 土曜日に快方に向かったと思われた風邪ですが、連休にバタバタしていた結果、ぶりかえしてしまいました。
 やはり、風邪をひいた時は安静にしないといけないと、つくづく身にしみました。
 少し余裕を作りましたので、その間、しっかり休んで、今度こそ全開させねば、と思っています。

掲載時刻 22:01

2019年09月15日

猫と倒木

 仕事でよく行く集合住宅に行きました。
 ここは非常に広い庭を持っており、多くの野良猫がいついています。
 普段は、この敷地に入ると、離れたところにいる猫がこちらを向きます。一応、「ニャー」と挨拶するのですが、近寄ってはきませんでした。
 ところが、今日行ったら、様相が様変わりしていました。
 普段使っている入り口のところは、この前の台風で樹が倒れており、「立入禁止」のロープが張ってあります。
 それに驚いて突っ立っていたら、何人かの猫がやってきました。そして、「ニャー」と声をかけてきました。
 ここには何十回も行っていたのですが、こんな事は初めてです。
 おそらく、普段、猫にご飯をあげている人が来れなくなったのでしょう。そこで、人間を見たら、知らない人であるにも関わらず、「ご飯をください」という意味で「ニャー」と声をかけたのでしょう。
 台風から一週間経ちましたが、多くの人々が、水も食糧も電気も乏しく、苦しんでいます。同様に、猫たちも苦しんでいるわけです。
 一刻も早く、この状況をなんとかせねば、と思いました。同時に、同様の事が起きた際に、早急に復旧できる体制が取れるような世の中に変えていかねば、とも強く思いました。
20190915_063201_HDR.jpg

掲載時刻 21:45

2019年09月14日

早く風邪を治す方法

 朝、起きたら喉が痛く、鼻水と痰が出ました。典型的な風邪の症状です。
 そこで、布団にもぐりました。まだまだ暑さが残っている時期ですが、冬用布団を出して、そこに入ります。
 かなり熱いのですが、しばらくウトウトしていると、体が中から熱くなります。
 それこそ、滝のように汗をかくのですが、我慢して布団に潜ります。そして、しばらくすると、汗が引くので、寝間着を取り替えて、汗を拭きます。
 これを何回かやっているうちに、喉の痛みはかなり引きました。
 詳しい原理はわからないのですが、おそらくは、体内に入った風邪ウイルスに対し、免疫機能のようなものが、対処をするのでしょう。そのために、エネルギーを使い、体が熱くなって汗が出るのだ、と思っています。
 そのためにも、休息と一定の暖かさが必要となるわけです。
 毎度のことながら「風邪をひいたら暖かくして寝る」という「伝統」がいかに正しいかを実感しました。
 同時に、昨今の医薬品メーカーが出している「風邪をひいても出勤しなければならない人向けの薬」がいかに本質的な治癒を妨げているか、という事も痛感させられました。

掲載時刻 18:40

2019年09月12日

停電が復旧しない

 台風から4日経ってやっと、我が職場の人たちの停電・断水は解消されました。
 しかしながら、南房総や伊豆諸島など、停電が続いている地域は多々あります。いまだに復興の見込みすら経っていません。
 もちろん、送電線の鉄塔が倒れるなどといった、「想定外」の被害だった、というのもあるのでしょう。
 しかし、電力会社にしろ、行政にしろ、根本的な要因として、人不足があるのでは、と思っています。
 電力会社の話ですと、検針する人すら、偽装請負の「個人事業主」になっているそうです。
 また、行政でも非正規化と正職員の長時間労働の話をよく聞きます。自分の大学の後輩にも100時間残業して休職した県庁職員がいました。
 そんな状況では、普段ならなんとか回せるのかもしれませんが、このような大事件が起きたら、完全にキャパオーバーになってしまいます。
 ここ30年近く、日本は「人減らし合理化」が素晴らしいことと扱われ、どんどん人を減らし、人件費を削っていきました。その結果起きているのが現在の状況だと思っています。
 この考え方から脱却しない限り、今後、増え続ける災害に対する回復力はさらに下がっていくこと間違いないでしょう。

掲載時刻 22:53

2019年09月11日

災害の深刻さが増す

 幸運にも、自宅も職場も電気・水とも正常です。
 しかしながら、エアコンの効いている職場でも、ちょっと体を動かすとすぐ汗だくになるほどの高温多湿です。
 それを考えると、電気も水も止まっている地域の方々の苦しみは想像を絶するものがあります。
 しかしながら、自宅が停電している職場の人も、苦労を語らずに、困っている人たちの心配をしています。
 千葉市もかなり深刻ですが、まだマシなほうで、房総半島などはかなり酷い状況になっています。
 しかしながら、商業新聞やテレビ欄を見ると、千葉の被害などそっちのけで、実績ゼロの二世議員が入閣した事に大騒ぎをしています。
 改めて呆れると同時に、今や「商業新聞やテレビを見ると、本当の事がわからなくなる」という時代になってしまったのだな、と痛感させられました。

 
掲載時刻 22:18

2019年09月10日

想像を超える被害

 昨日、実際に目にしたり、ネットで見た地元の被害に驚いていましたが、全県の被害は想像を絶するものでした。
 この猛暑の中、多くの家庭で電気も水も止まっています。食料の供給も不足しているという情報もあります。停電なので、冷蔵庫の中の食べ物も傷んでいる事でしょう。
 今年も含め、毎年、台風や地震で大災害が起き、同じような状況が起きています。
 にも関わらず、いまだに、被害が発生した時の対応が全く進歩していません。同じように被害を受け、同じように孤立し、やっとたどりついた避難所では、まともに寝ることすらできません。
 もはや、今の日本は、毎年確実に台風や水害が起きる国なわけです。
 にも関わらず、それに見合った対応が全然できていません。
 一方で、アメリカが売りそこねた飼料用トウモロコシを買うお金はあるわけです。
 地元で起きた災害なだけに、より一層、世の中の歪み並びに、その異常さが拡大している事を痛感させられています。

掲載時刻 23:13

2019年09月09日

台風が千葉に上陸

 未明から早朝にかけて、台風が千葉市に上陸しました。
 職場の人が、「40年千葉市に住んでいたけれど、台風が海から直接千葉市に上陸したなんて初めて」と驚いたくらいの異常事態です。
 経路もそうですが、その被害も尋常ではありませんでした。
 総武線の東千葉駅は屋根が吹っ飛びました。
 また、稲毛区作草部周辺の国道では、沿道にあったプレハブが道路まで吹っ飛んで、道を塞ぐ、などという事もありました。
 この国道は仕事でちょくちょく通っているだけに、他人事とは思えませんでした。
 他にも停電をはじめ、様々な被害が起きています。
 幸い、我が家は一切被害がありませんでしたが、これはたまたまの幸運としか言いようがありません。
 気候が変わり、このような莫大な被害をもたらす天災が普通に発生するようになってしまったわけです。
 それに見合った防災体制並びに、被害者対応の仕組みを作る必要があると強く思いました。

掲載時刻 21:42

2019年09月08日

家事をこなす

 相方が風邪でダウンしました。
 そこで、普段の洗い物に加え、食事作り・買い物・クリーニング引き取りなど、家事全般をこなしました。
 昼食で作ったゆで卵の具合がよく、相方にも褒めてらいました。
 これまで、料理は完全に相方まかせでしたが、やはり自分もきちんと出来るようになったほうがいい、強く思いました。
 そのためにも、料理のレパートリーを増やさねばなりません。
 やはり「好きこそのものの上手なれ」ですので、自分の好物を作れるように研究するのがいいのだろう、と思っています。

掲載時刻 20:17

2019年09月07日

かつての通勤路線で事故

 京急で踏切事故が起きました。
 実は、13年ほど前、この事故現場を毎日通勤していた時期がありました。
 一ヶ月ちょっとだけだったのですが、当時の職場が神奈川新町駅近くにあるサポートセンターに人を出しており、一時的に欠員が生じたため、その代役としてここまで通っていたのです。
 横浜で働く、というのは初めての経験でした。また、担当の人といい信頼関係を築くことができたのも、いい思い出です。
 それだけに、あの駅の手前で大事故が起きた、というのは他人事とは思えませんでした。
 いろいろな情報を見る限り、高速運転を優先して、安全確保をおざなりにしていたのでは、というように思えてきます。
 何度も書いていることですが、鉄道会社の利益を安全より優先する姿勢は大問題です。
 そこが改まらない限り、また同じような悲劇が起きるのでは、と気になりました。

掲載時刻 21:57

2019年09月06日

み春野

 所要で、「み春野」という町に行きました。
 この町、自分が住む幕張本郷と同じ花見川区にあるのですが、自宅からここに行くのに、自動車で30分、公共交通機関だと40分以上かかります。
 ちなみに、自宅から40分かけて総武線に乗れば、江戸川を越えて東京都の新小岩あたりまで行けてしまいます。
 それだけにこれまで行く機会がなかったのですが、行ってみて驚きました。
 国道16号を曲がって行くのですが、途中、ほとんど家はありません。そして途中から田んぼの真ん中を通ります。数分走ると、突如バスターミナルが現れ、そこから先が「み春野」の町域になります。

続きを読む "み春野"
掲載時刻 22:06

2019年09月05日

凡ミス

 極めて初歩的なミスをしてしまいました。
 しかも、自分がこれまで長年得意としてきた分野が3つくらい重なった業務でのミスです。
 我ながら、よくもこんなミスができるものだ、と呆れてしまいました。
 まあ、それだけ、公私ともどもえらく疲れている、という事なのでしょう。
 ありえないミスをしたのは心底悔しいですが、これも一つの警告と思い、今後の体調管理の指針にしようと思った次第です。

掲載時刻 23:05

2019年09月04日

スマホが容量オーバーに

 電子書籍をスマホに落とそうとしたら「容量オーバーです」という表示を見ました。
 ファイラーで確認したら、たしかに、残り容量が1GBを切っていました。
 購入して3年以上経ち、その間、高解像度の写真を取り続けていました。それだけに、容量が危なくなるのは当然とはいえます。
 とはいえ、容量不足で悩むなど、ここ20年ほどなかったので、ちょっと驚きました。
 仕方ないので、写真を削除し、なんとか場所を作りました。
 そんな作業をしつつ、20年前はまだパソコンのHDDの容量が少なく、このような作業が日常茶飯事だったな、と懐かしく思い出したりもしました。

掲載時刻 21:07

2019年09月02日

ヘイト(差別扇動)にまみれた国

 先週、毎日新聞の川柳投稿欄に、韓国ヘイト(差別扇動)を煽ったものが「秀逸」として掲載されました。
 さらに、本日発売の週刊ポストは、異常としか言いようのない「韓国ヘイト特集記事」を掲載しました。そして、その広告が、電車の中吊りや大手商業新聞に掲示されたわけです。
 政府が煽り、商業マスコミがそれに従って拡大している、ヘイトスピーチが日に日に拡がっています。
 世の中がおかしくなっているのは今に始まったことではありませんが、ここ数年、特にその転落ぶりが加速しています。
 非常に悲しく思うと同時に、一刻も早くこんな異常な世の中を変えて、「2019年の日本は本当に酷かったけれど、今はかなり良くなった」と言えるような時代を作らねば、と強く思いました。

掲載時刻 22:33

2019年09月01日

不調なとき

 様々な理由で調子が悪くなるときがあります。
 そんなときの仕事の進め方は、コンクリートの海を泳いでいるような感じになります。
 これまで普通にできた事ができなくなり、えらく時間がかかってしまいます。
 ただ、その厳しい状況で諦めずに、コンクリートの海を泳ぎ続けていると、苦労しながら目的地に到達します。
 そのとき、不調から抜けることができるわけです。
 率直に言って、まだまだ不調な状態から抜け出せていないのですが、この経験をもとに、なんとか、あがきつつ、目的地に到達できれば、と思っています。

掲載時刻 23:54

2019年08月31日

地図と実地

 子どもの頃から地図を見るのが大好きでした。
 そして、地図で色々想像して、実際にその場所に行き、「なるほど、あの地図の場所は実際にはこうだったんだな」と感慨にふけったものでした。
 趣味でやるぶんには楽しいのですが、仕事でやると楽しさと別の感情が生じます。
 今日も、「地図で見ると普通の道だけれど、実は、崖みたいな狭い急坂だった」というところに行きました。近日中にここを自分で運転する必要があり、感慨どころか不安感が生じました。
 やはり、趣味でやるのと仕事でやるのでは、同じ事でも全然精神的に違うものだな、とつくづく思いました。
 色々と忙しい案件が重なっていますが、余裕ができたら、地図を見てみつけた場所に遊びに行きたいと思っています。

掲載時刻 22:27

2019年08月30日

11回めの契約更新

 奇数年のこの時期になると、アパートの契約更新があります。
 ここに住んで今年で22年目になります。そのため、契約更新も11回目になりました。
 書類を書くのが面倒だったのですが、今年からついにネット更新ができるようになりました。
 当然ではありますが、手続きの手間が全く違います。印鑑や署名などの法律的な問題をクリアするなど、頑張ってくれた管理会社には感謝しています。
 というわけで、今回は家賃値下げ交渉をしなかったのにも関わらず、満足感がある契約更新をすることができました。

掲載時刻 21:08

2019年08月29日

エネルギー源

 今月半ばから、気力の低下に苛まれていました。
 家の事とか、暑さで体力が低下したこととかが原因だったと思われます。
 しかし、先日、不合理な案件が発生し、ちょっと闘わねばならない案件が生じました。
 すると、この気力低下がかなり改善されました。
 家のことも、気候の悪さも相変わらずですが、一つのモチベーションができたことで、気力が回復したわけです。
 自分の存在意義かつ、自分を動かすものが「不合理なものと闘い、正すこと」であることが改めてよくわかりました。

掲載時刻 22:47
Powered by
Movable Type 2.661