最近の更新
サイト内検索
Google


www.jakushou.com を検索
WWW を検索
カウンタ
  • アクセスカウンタ合計の来訪者数
  • 昨日アクセスカウンタ昨日の来訪者数
  • 本日アクセスカウンタ本日の来訪者数
翔みならの作品とつぶやき
ご案内

2018年12月12日

禁酒効果てきめん

 8月に禁酒してから初となる健康診断の結果が帰ってきました。
 昨年に比べると、大幅に数字がよくなっていました。特に、肝機能の目安である「γ-gtp」という数値は、前回の1/3に減っており、これまでの「要観察レベル」から「健康レベル」になっていました。
 改めて、酒を飲まないと健康にいいのだな、と思いました。
 もっとも、抜歯痛のため、酒を飲みたくても飲めない現状を鑑みると、「やはり飲みたいときには飲めるくらいなほうがいいな」とも思えてきます。
 そのあたりを意識しながら、少々は酒を飲みつつ、基本は禁酒、というのを当分は続けようと思っています。

掲載時刻 23:22

2018年12月11日

食事も体力も戻らず

 自転車通勤を再開しました。帰りはえらくペダルが重く、変速設定を下り坂用に間違えたか、と確認したほどでした。
 やはり抜歯痛の影響でろくにものを食べていないので、体力が落ちているわけです。
 今日は少し楽になったので、思い切って野菜ジュースを飲んでみたのですが、かなりしみて痛みが残りました。
 というわけで、もうしばらくは、麺類・ひきわり納豆・おかゆ・スープ・ゼリー飲料だけの食生活が続きそうです。
 今は耐えるよりありませんが、痛みが引いたら、これまで失った体力を取り戻すために、ちょっと大食いでもしようか、などと思っています。

掲載時刻 22:48

2018年12月10日

抜歯の後遺症で寝込む

 金曜日に歯を抜いた時は、かなり痛かったくらいでした。
 ところが翌朝起きたら、痛みで体が動きません。土曜は楽しみにしていた忘年会もキャンセルして一日寝込みました。
 日曜はどうしても外せない用事が二件ほどあったので朝と晩に外出しましたが、それ以外はずっと寝込んでいました。
 痛みも困るのですが、物を噛めないのも困りました。食べれるのは麺類とお粥とスープだけです。それらを食べるのも苦労します。コーンスープを飲んだのですが、とうもろこしの粒が食べれないほどでした。

続きを読む "抜歯の後遺症で寝込む"
掲載時刻 21:46

2018年12月07日

二本目の抜歯

 右の奥歯が虫歯になったので、抜きました。昨年は左の親知らずを抜いたのですが、その時よりも治療費が高く、面倒な作業でした。加えて、抜いた後の痛みもかなりのもので、1時間ほど悶絶していました。
 当然、食事にも支障が出て、空腹なのにものが食べづらく完食できない、という悲惨な状況になっています。
 改めて、歯が健康である事の重要性を認識させられました。この苦労を味あわないよう、もっと歯をきちんと磨かねば、と痛感した次第です。

掲載時刻 22:00

2018年12月06日

30分間延々と「あおり運転」が流れる

 ある事務所でパソコンのトラブル対応をしていました。
 事務所では昼のワイドショーが流れていました。
 30分近く作業をしていたのですが、その間、延々と「高速道路あおり運転」だけが流れていました。
 別にそれを見たからと言って何の役に立つわけでも、重要な情報が得られるわけでもありません。
 にも関わらず、キャスターもコメンテーターもどうでもいい事をダラダラと言い続けていました。
 その一方で、国会では問題のある法案が強行採決で通されようとしています。働く事、水を飲むこと、魚を食べることなど、すべて我々の日常生活を直撃する事ばかりです。
 しかし、それについては報じず、ひたすら「あおり運転」が流れ続けました。
 一時期の「紀州のドンファン」や「相撲取りの暴力」同様、本当に意味のない事です。ここまで来るとその目的は、「視聴者の目から重要な事を隠す」である事は明白だな、と呆れました。

掲載時刻 23:56

2018年12月05日

高輪G駅

 品川と田町の間にできる駅が「高輪ゲートウェイ」という、しょうもない名前になってしまった事が話題になっています。
 元高輪町民としても、地元感がまったくなく、呆れています。まあ、鉄道会社が駅周辺に「ゲートウェイ」なる商業施設を作りたいのだろうな、という意図だけは伝わってきました。
 こんなしょうもない名前にするくらいなら、自分が高輪に住んでいた時、家の隣にあった公園であるゲジゲジ山(公式名称「高松くすのき公園)の名をつかって、「高輪ゲジゲジ山入口」とでもすればいいのに、などとまで思ったりしました。

掲載時刻 21:55

2018年12月04日

12月の深夜にTシャツで買い物

 えらく温かい一日でした。
 帰宅したら相方がTシャツ一枚でした。それにならって、自分もTシャツ一枚で過ごしましたが、全然寒くありません。
 その後、買い物に行こうと思ったのですが、相変わらずの気温のようなので、そのままTシャツ一枚ででかけました。ちょっと寒さを感じはしましたが、もう一枚羽織る必要は感じませんでした。
 コンビニで、他のお客さんはみな、コートにマフラーといったいでたちでした。そんななか、Tシャツ一枚で買い物する、というのはなかなか奇妙な気分でした。
 半世紀近く生きていますが、12月のしかも深夜にTシャツ一枚で外出というのは初めてです。面白くはありましたが、これは地球温暖化の影響でもあるわけです。それを思うと、いろいろと不安にもなりました。

掲載時刻 23:48

2018年12月03日

流行語・新語大賞

 流行語・新語大賞が発表されました。
 地上波放送を見るのは週に1時間という生活なので、TV関係のものはほとんど聞いたことがありません。一方で、ネット発である「ご飯論法」や「#MeToo」などは、発生した時期から見慣れていたので感慨がありました。
 ただ、どちらも存在して好ましいものではありません。
 「ご飯論法」は閣僚や官僚が、事実を歪めて答弁をするための「論法」です。また、「#MeToo」は女性に対する不当かつ差別的な言動に対する告発です。
 それらが流行語・新語として話題になった事により、それらの不当さが明るみに出ました。そういう点においては大きな意義があります。したがって、受賞も大変喜ばしいことです。
 ただそれと同時に、これらの言葉が流行しない世の中にしなければ、と思いました。
 やはり、閣僚や官僚が誠実な答弁を行うのが当然ですし、女性に対する不当な差別的言動もなくなるべきです。
 そのように変わることで、「今では信じられないけれど、『ご飯論法』とか『#MeToo』が流行語・新語大賞になるような異常な時期もかつてはあった」と語れるように時代にしたいものだと思いました。

掲載時刻 22:38

2018年12月02日

休養日

 多忙な月末を過ごし、疲れがピークに達していたので、今日はほとんど布団の中で過ごしました。
 歳のせいか、最近になって、二ヶ月に一度くらい、こんな「休養日」を設定せざるを得なくなっています。
 何もできないのは残念ですが、無理して何かしようとすると、溜まった疲れが悪い方向に出てしまう危険があります。
 それだけに、逆に黄信号が出ている状態なんだな、と理解し、無理して進まずに、体を休めました。
 疲労ゼロの生活ができれば一番いいのですが、それができない以上、こうやって疲労回復の時間を取らざるを得ないな、と思っています。

掲載時刻 21:12

2018年12月01日

師走に

 12月になりました。2018年最後の月になったわけです。
 気温が高く、あまり実感がないのですが、もう年末なんだな、と思います。
 自分の場合、特にすることもないですし、大晦日まで仕事があるので、特別な感慨はないのですが、これまで通り、無事に一ヶ月を過ごせれば、などとは思っています。

掲載時刻 22:05

2018年11月30日

2018/11/30の更新

 別ブログに「益税」という藁人形という記事を書きました。
 マスコミがよく報じている「消費税増税の影で『益税』で儲けている非課税業者がいる」というのが、いかに事実と異なるかについて、筆者の経験も含めて書いています。

掲載時刻 22:21

2018年11月29日

「いい○○の」の月?

 ここ一ヶ月ほど、毎日のようにネットで「いい○○の日」という宣伝文句を見ました。
 11月の「11」を「いい」と語呂合わせして「記念日」にする、というわけです。
 自分が初めて認識したのは11月22日を「いい夫婦の日」としたものでした。
 その時は、うまいなと感心し、かつ微笑ましく思いました。
 しかしながら、このように毎日が「いい○○の日」だとさすがに食傷気味になります。
 さしずめ明日30日は「いい日が終わる日」という語呂合わせしてもできてしまうよな、などと思ったりもしてしまいました。

掲載時刻 21:50

2018年11月28日

水炊き

 鍋物の季節になりました。今日の夕飯は水炊きでした。
 自分は子供の頃から水炊きが大好きです。全てにおいて好きなのですが、時に、鳥の旨味が染み込んだ白菜を食べる時は至福のひとときと言わざるを得ません。
 今日は、白菜のみならず、豆腐にも旨味が染み込んでいて、非常に美味でした。
 寒いのはちょっと苦手なのですが、水炊きを食べている時は、この季節になってよかった、としみじみ思います。

掲載時刻 23:23

2018年11月27日

パスワード必須の弊害

 しばらく前から、Windowsパソコンは、パスワード設定が必須になりました。そして、特に設定をしないと、パスワードを入力しないとパソコンに入れなくなっています。
 セキュリティ強化が目的なのはわかりますが、果たしてどのくらいの効果があるのでしょうか。
 あまり複雑なものにすると、しばらくパソコンを使っていないと忘れて入れなくなってしまいます。先日も、そのようなSOSが来ました。
 本人は忘れる一方で、高度な解析ツールを使えば、短時間で破れてしまいます。そう考えると、いったい何のためにパスワードがあるのだろうか、と思えてきてしまいます。
 もちろん、一定以上の強度を持つパスワードを適切に管理するのが最善である事は確かです。しかし、それができない人が多数存在する、という前提をもっと重視した設計が必要なのでは、と思っています。

掲載時刻 22:46

2018年11月26日

30年ぶりの「通学路」

 以前にも書きましたが、大学時代の教科書を読み返しています
 電車で遠くに出かけるときに携えて、車内で読んでいます。
 そんななか、先日は、ちょうどこの教科書で授業を受けていたときに通っていた大学のほうに行く機会がありました。
 大学の最寄り駅から、約30年前に通学で使っていた路線に乗り、そこで当時の教科書を読みました。

続きを読む "30年ぶりの「通学路」"
掲載時刻 23:17

2018年11月25日

児童向けがシビアに

 電車に乗りました。しばらくすると、隣から、「お母さん、スポンサーってなあに?」という幼い声が聞こえてきました。
 なんで小さい子がそんな事を?と驚いて見てみると、幼稚園くらいの子どもが、「かいけつゾロリ」のアニメ絵本を読んでいました。
 その中で、TV企画でゾロリがやった事がスポンサーの怒りに触れ、別の企画に差し替えられる、という逸話が書かれていました。
 質問を受けたお母さんは率直に、民放がコマーシャルでもっている仕組みを説明していました。
 自分が子供の頃に読んだ絵本にも、ある程度「社会の現実」は描かれてはいました。とはいえ、ここまで端的かつ、子どもが知らない「スポンサー」という言葉をそのまま使って「現実」を描いた話はなかったと記憶しています。
 今の世の中は、新自由主義的な「儲け最優先」という風潮にまみれています。子ども向けアニメ絵本も、それに影響されているのだろうか、と驚かされました。

掲載時刻 22:52

2018年11月24日

水鳥が木の上に

 なんとなく木のてっぺんを見ていたら、何やら白いものがくっついていました。
 最初はポリ袋でもひっかかったのだろうか、と思ったのですが、よく見ると、同じようなものが10くらいあり、しかもそれぞれ動いています。
 再度よく見たところ、川などにいる白い水鳥でした。
 水辺にいる印象が強かったのですが、こうやって高いところにいることもあるのですね。
 意外かつ貴重な光景を見ることができました。
20181124-2.jpg

掲載時刻 21:31

2018年11月23日

コメント機能の謎

 FBでストーカーとしか言いようがないコメントを送られ続けた人が、仕事をやめざるを得なくなった、という話を見ました。
 ツイッターもそうですが、SNSにおいて、「コメントそのものを入れられなくする」という設定はできません。ただ、迷惑なコメントをする人を接触不可にしたり、接触はできてもコメントを見れなくする機能しか用意されていません。
 ブログにおいては、当初はコメントが前提となっていました。しかしながら、それによって迷惑コメントが横行したために、コメント制限機能が充実しました。その結果、当初は少なかった「コメント不可のブログ」が一般的になりもしました。
 ところが、SNSにおいては、そのような流れはいまだにおきていません。
 その結果、利用者に多大なストレスを与えたり、仕事に悪影響を及ぼしたりしているわけです。
 そのような現状を鑑みれば、コメント自体を受け付けない設定、というのはかなり需要が高いと思うのですが…。
 逆に言えば、そのあたりの要望に応えるSNSができれば、今の勢力図を大きく変える可能性もあるのでは、と思っています。

掲載時刻 23:04

2018年11月22日

初の暖房

 職場に初の暖房が入りました。
 朝晩の寒さを感じる事は前からありましたが、日中は暖かい日が多く、それだけに一瞬、「え、暖房?」とも思いました。
 しかし冷静に考えれば、もう11月も下旬で、店にある月刊雑誌は「12月号」が並んでいるわけです。
 そう考えれば、むしろ遅いくらいの「初暖房」だな、とも思いました。
 改めて、冬の到来を感じました。いろいろと冬支度をせねば、とも思いました。

掲載時刻 22:34

2018年11月21日

久々にバリウム検査

 健康診断を受けました。
 ここ数年、胃カメラをのんでいたのですが、「胃カメラは込むので、不安がない人はなるべくバリウムで」との通達があったため、そちらにしました。
 いろいろ面倒な事はそれぞれにあるのですが、やはりその場で「健康」という結果が出るという胃カメラのほうがいい、というのが率直な感想でした。
 来年はどうするか迷うところです。
 あと、体重と腹囲がそれぞれ減っていました。要はやせたわけです。
 BMI的には「普通」の範囲におさまってはいます。とはいえ、最近、疲れやすいので、もう少し体重を増やしたほうがいいのかも、などと思ったりもしました。
 正式な結果が出るのはしばらく後ですが、問題がないことを願う限りです。

掲載時刻 23:00

2018年11月20日

見慣れたトラックに遭遇

 以前の職場の近くで交差点待ちをしていたら、目の前をかつてよく見たトラックが通り過ぎてきました。
 そのトラックは、かつての職場の隣にあった塗装店のものでした。
 一度、トラブル対処を頼まれて、20年近く前のWindowsパソコンを見た事などもありました。
 偶然の「再会」ですが、相変わらず店が続いているようでちょっとホッとしました。
 それと同時に、当時の記憶がいろいろ蘇りました。やはり、そのほとんどは、今となっては寂しい思い出です。
 それだけに、ちょっと安心したのもつかの間で、あとは、寂しさばかりが残りました。

掲載時刻 22:16

2018年11月19日

久々に休養

 久しぶりに休養を取りました。期間中は、基本的に家の中にこもっていました。「外出したのはスーパーに買物に行き、近くで食事しただけ」という感じで、町から一歩も出まない日を2日続けたりもしました。
 当初は、広い風呂に行くなど、リフレッシュも考えていたのですが、ダラダラしているうちに面倒になって、どこにも行かなかった、というオチになりました。
 休みの過ごし方としてはもったいないのかもしれませんが、おかげでかなり疲れが抜けた感じになりました。
 やはり適宜な休養は必要ですね。次の休みは、今回養った鋭気を活かして、何か行動してみようと思っています。

掲載時刻 22:30

2018年11月18日

国を挙げて「IT後進国」を目指す?

 サイバーセキュリティ担当大臣がパソコンを全然使えず、USBが何だか知らない、という事が国際的なニュースになっています。
 それだけでも、十分、日本政府のIT関係の「後進ぶり」が出ていて恥ずかしい限りです。
 それに追い打ちをかけるような発表が先日ありました。
 外国から来た技能実習生制度に関する問題について、当初政府が発表したアンケートの数字が捏造だった事が明らかになりました。
 それがバレた時の言い訳が「データをエクセルで集計する際に、コピーアンドペーストでミスをあった」というものでした。

続きを読む "国を挙げて「IT後進国」を目指す?"
掲載時刻 22:14

2018年11月17日

嫌な情報から逃げたくなる心理

 誰だってそうでしょうが、自分を嫌な気持ちにさせる情報には接したくありません。
 もちろん、生きていれば、こちらが取捨選択する余地なしにそういう情報は入ってきます。そして、ストレスを感じながらその情報を処理するわけです。
 それもあって、嫌な気持ちになる情報に自らすすんで接するのを嫌がるのは必然と言えるでしょう。
 客観的に見れば、その情報を得ることにより、一時的に嫌な気持ちにはなるものの、正確な事実を認識できるわけです。
 しかしながら、感情的には、嫌な気持ちになるくらいなら、正確な事実などしらなくていい、となってしまいます。
 残念な事に、頭でわかっているはずなのに、自分にもその習性があります。たとえば、衣類で覆われているところを怪我した時、傷口を見るのを避けたくなったりします。
 半世紀近く生きているのですから、いい加減、そのような感情を理性でコントロールしなければならないのですが…。
 そんな事に悩みながら、今日も一日を過ごしました。

掲載時刻 18:15

2018年11月16日

「中立」の誤用

 「自分は中立の立場だが、AとBを比べればAが正しいと思う」という言説をよく見ます。
 おそらく、本人としては「中立」を自称する事により、「Aが正しい」という自分の意見に説得力が増すと考えているのでしょう。
 しかし、この短い言説は明らかに矛盾をしています。「中立」であるならば、「Aが正しい」という事にはなりません。なぜならば、その人は既に「A」の側に立っているのであり、中に立っていないからです。
 極めて初歩的な矛盾ですが、いろいろな人が使っているせいか、それを矛盾だと気づかない人が多々いるようです。また、だからこそ、この類の言説はなくならないのでしょう。
 ちなみに自分はこのような言説をする人は「あからさまな矛盾に気づけない論理性の低い人」かつ「本当はAの立場にいるのに、それを偽ろうとする嘘つき」という二つの理由で、絶対にその言説を信用しません。

掲載時刻 22:17

2018年11月15日

「見て盗んで覚える」の理不尽さ

 悪しき「日本の伝統」の一つに、「修行のため弟子入りしたら雑用ばかりやらされ、肝心の技術は教えてもらえない。そして、『自分で盗んで覚えろ』と言われる」というのがあります。
 このような事が、かつての日本では当たり前のように行われていました。しかしながら、これが間違っているのは明白です。
 たとえば、パソコンのExcelですが、何百時間も上手な人の操作を見ていても、何一つ「盗んで覚える」事などできません。しかし、画面を操作しながら教われば、短時間でその操作ができるようになります。
 このように、ちょっと検証すればわかるにも関わらず、それをせずに「権威」を持つ人々が根本から間違っている「指導法」を行ってきたわけです。
 昔ならそれで何とかなったのかもしれません。しかし、文明の進歩で、「教え方」「経験」というものの共有は進んでいます。それに応じずに「見て盗んで覚える」を続けたら、あっという間に、他の人達に追い抜かれてしまうこと間違いない、と思っています。

掲載時刻 21:58

2018年11月14日

デイリーヤマザキが営業短縮

 近所にデイリーヤマザキがあります。以前は24時間営業だったのですが、先日、前を通ったら、5時から深夜2時までに営業時間が短縮されていました。
 さらに、今日、仕事で遠出したら、「営業時間9時から20時半、土日は休み」というデイリーヤマザキを見かけました。
 セブンイレブンの社長は「24時間365日は絶対」などと主張しているそうですが、デイリーヤマザキは緩いのでしょうか。
 コンビニといえば、セブンイレブンが営業を始めた頃、「あいててよかった」という宣伝文句が流されました。しかしながら、人のいない時間帯なら「あいてなくてもよかった」だよな、と思いました。
 少なくとも、近所のデイリーヤマザキの営業短縮で困った事は何一つありません。それもあって、「いい機会だから、コンビニも近所でもちまわって定休日や深夜休業日を決めて、その分、働くひとが休めるようにすればいいのに」と思いました。

掲載時刻 23:09

2018年11月12日

画期的な路線図色分け

 あるバスターミナルに行きました。そこは、場所が狭いこともあり、4つのバス停から43種類ものバスが発車していました。
 いったい自分はどのバス停から乗るのだろうか、と思って路線図を見ました。
 すると、路線を表す色が4つしかありませんでした。43種類あるはずなのに、えらくシンプルです。不思議に思ってよく見たら、その色は、乗るバス停を示していました。
 それで自分の行きたいところとバス停を確認し、バス停に行くと、そこから発車するバスの詳細な路線図が見れる、という仕組みになっていたのです。
 子供の頃から、さまざまなバスターミナルの路線図を見ていましたが、このような色分けをしているのを見たのは初めてでした。
 世の中には、優れた発想があるものだ、と感心させられました。

掲載時刻 21:20

2018年11月10日

イオン城下町ならでは

 幕張総合高校の隣に作られる高層マンションの宣伝がヤフートップに載っていました。
 48階建てという千葉県のマンションで最も高層だそうです。
 そして、マンション街にはイオンのスーパーもできると書かれていました。  この地域から1.5キロ前後(車で6分、歩いて20分弱)のところに、イオン幕張店(旧カルフール)と、イオンスタイル検見川浜(旧イズミヤ)があります。
 さらに3.6キロ(車で10分)のところには、あの巨大なイオン城がそびえています。
 それだけイオンが密集しているところに、さらなるイオンができるわけです。
 まあ、海浜幕張といえば、イオンの本社があるところです。「城下町」として、店舗を増やしたいという意図もあるのかもしれません。
 ちなみに、幕張駅南口にあった「スーパーつるかめ」もイオンに変わっています。この勢いで幕張本郷にも進出してくるのでは、と心配してしまいました。

掲載時刻 22:05

2018年11月09日

「幸せになる方法」を説く人の幸せ度

 ツイッターで「幸せになるために」などという投稿が何百もリツイートされていました。
 書いているのは大した事でなく、そんなことを実践しても全然幸せになれないようなものでした。
 不思議に思いつつも「いずれにせよ、この人は自己流ながら『幸せ』になったからこんな投稿をしているのだろう。ではいったいどれだけ幸せなのだろうか」と思って他の投稿を見てみました。
 そうしたら、しょうもない広告についての妬みそねみを延々と論じていたりしていました。まったくもって幸せそうに見えませんでした。
 幸せには見えない人が、見当違いの「幸せになる方法」を説いているわけです。笑い話としてはなかなかいい出来だと思いました。

掲載時刻 16:02

2018年11月08日

2018/11/8の更新

 翔みならブログ「めもちょう」に冬コミ案内を掲載ました。

掲載時刻 23:20

2018年11月07日

作品の寿命

[ 漫画 ]

 漫画というのは、安定した人気と、作者の意思があれば、半永久的に続ける事は可能です。
 自分が読んでいた頃はの少年ジャンプは、「黄金パターン」みたいなものが確立されており、人気のある限り、同工異曲のシリーズを繰り返して連載を続ける事が可能なシステムになっていました(今もそうかもしれませんが…)。
 ただ、やはりそのような形で長く続けると、その時は大きな利益を生むのでしょうが、後から「作品」として振り返ると、間延びした印象しか持てません。
 やはり、作品には一定の寿命があり、それが過ぎたのに無理やり「延命措置」をすると面白かった最初の頃まで色あせてしまいます。
 ここ数日、以前面白かいと思った作品が、人気がでて長期連載になったため質が落ちた事例を続けて見てしまったため、特に強くそう思いました。

掲載時刻 23:34

2018年11月06日

11月の冷房

 ここのところ、温かい日が続いています。
 そんななか、スーパーに買い物に行きました。すると、しばらくして肌寒さを感じました。
 一瞬不思議に思いましたが、冷房が入っているという事に気づきました。
 生鮮食品を扱っているわけですから、ある程度、温度を低くする必要性があるのでしょうが、11月のスーパーで冷房が入っていた、というのはあまり記憶にありません。
 改めて、地球温暖化が想像以上に進んでいるのだな、と驚かされました。

掲載時刻 22:59

2018年11月05日

出演の代償

 TV通販でフリーズドライ味噌汁の広告が流れていました。
 高級料亭の板前さんが何人か登場し、それを飲みながら「自分の店で出すものと遜色ない」などと言っています。
 出演料が出る上に、店の名前まで紹介してもらえるわけです。そのメリットゆえに出ているのでしょう。
 しかし、それによって失うものは、思ったより大きいのでは、と思います。その店に興味がある人がこの広告を見たら、「フリーズドライ並みの味噌汁を出す店」という印象を持ってしまう危険性があるからです。
 出演料がどのくらいだか知りません。ただ、この広告によるブランド毀損リスクに見合った額なのでしょうか。
 まあ、高級料亭には縁がない身なので、所詮は他人事なのですが・・・。

掲載時刻 23:37

2018年11月04日

雑将?

 4週連続で将棋大会(囲碁大会併設を含む)に参加しました。
 うち、将棋を指したのは一局だけで、あとはひたすら大会の雑用をやっていました。
 特に今日の大会は、自分の任務が非常に多く、「最後のメインイベント」といった趣でした。
 何とか問題なく終えてホッとしました。

 ところで、最近は将棋愛好家に対し、「指す将」「観る将」という呼び方があるそうです。前者は実際に将棋を指す愛好家で、後者はプロの対局を観るのがメインの人です。
 それになぞらえれば、自分は大会の雑用をメインとしている「雑将」なのだろうか、などと思ったりしました。
 当分の間、仕事が忙しく、将棋からは遠ざかる予定ですが、落ち着いたらまた「雑将」を再開したいものです。

掲載時刻 23:51

2018年11月03日

京成で四両編成がなくなる

 来月の京成ダイヤ改正が発表されました。
 そのなかで、千葉線の四両編成がすべて六両編成になる、という発表がありました。
 それにより、京成の四両編成は、金町線と、芝山鉄道乗り入れのごく一部を除いてなくなるとのことです。
 短い時期ですが、通勤で京成の四両編成を使っていた時期がありました。乗るのは一駅ですが、えらく混んだものでした。それだけに、「なんで八両編成がメインなのに、その半分なんだ…」と思ったものでした。
 考えてみれば、その通勤をした頃から、もう6年も経ちました。つい最近の事だと思っていただけに、時の流れを感じました。
 四両編成がなくなる事を喜びつつも、その頃の事を思い出して、ちょっとした寂しさを感じました。

掲載時刻 22:13

2018年11月02日

定説の変化

 新聞に、将棋の歴史に関する連載が始まりました。
 著者は長年、将棋の歴史を研究している人です。自分は10数年ほど前までに務めていた職場で、将棋に関する問い合わせを応答する担当をやっていた事がありました。それもあり、その著者の本を買って読んだこともありました。
 それだけに懐かしく読みました。いろいろと最新研究の結果が書かれていたのですが、なかには、10数年前に常識と思われていた説が覆っていた、などという事もあり、驚きました。
 別に今の自分は、将棋の歴史の定説など知らなくてもかまいません。とはいえ、「やはり最新の研究にふれなければ…」と思ってしまいました。
 もちろん、だからと言って、将棋史の最先端を調べる余裕も興味もありません。その代わりと言ってはなんですが、今の自分に必要な分野については、最新の研究を怠らないようにしよう、と思いました。

掲載時刻 23:47

2018年11月01日

缶入りコンソメスープ

 寒い季節になりました。自販機では温かい飲料が売られるようになっています。
 ホット飲料の定番は、コーヒー・お茶・コンポタといったところです。
 そんななか、ごく一部の自販機では、コンソメスープが売られています。
 売っているメーカーは年とともに異なり、また、同じメーカーの自販機でもコンソメスープを売っていなかったりします。そういうマイナーな存在なのですが、なくなる事はありません。
 今年は、毎週一度だけ定期的に通う場所にあるサントリーの自販機でコンソメスープが売られています。コーヒーと同じ「ボス」ブランドというのが、スープとしては斬新です。
 そこでコンソメスープを飲むのが、週に一度の楽しみとなっています。飲みながら、もっとこの缶入りコンソメスープが広く普及してほしいものだ、などと思っています。

掲載時刻 23:06

2018年10月31日

Windows7サポート切れ

 あと1年数ヶ月でマイクロソフトがWindows7のサポートを打ち切ります。
 来年の今頃は、これに関連していろいろと騒ぎになっている事でしょう。
 我が家のPCはWindows8なので、他人事のように感じています。ただ、OSの出来から言えば、明らかにWindows7>>>>Windows8・10です。
 数年前のWindowsXPサポート切れの際には、Windows7があったから問題はありませんでした。しかしながら、現時点では、当時のWindows7にあたるOSはありません。
 それだけに、XPのサポート切れの時よりも、より多くの不評が来るのでは、と思っています。
 対応策としては、Windows8・10の改悪を元にもどした、Windows7に近いインターフェイスの新Windowsを作るくらいしかありません。
 それをマイクロソフトがやるかどうか、非常に気になっています。

掲載時刻 23:21

2018年10月30日

ハロウィンの流行り廃り

 ここ数年、ハロウィンの大騒ぎがニュースになります。
 当日や直前だけの盛り上がりではありません。9月に入ったら、多くの店がハロウィンの飾り付けを始めます。
 そんななか、先日見たTV番組で、未来からタイムスリップして来た人たちが「存在は知っているが、自分たちのいた時代では、ハロウィンは盛り上がっていない」と言っていました。
 この台詞にはかなり共感しました。
 少なくとも20世紀の間は、このような風習はありませんでした。それこそ、先述した「未来」のように、存在は知っているが、周りで祝っている人はないイベントでした。
 それがいつの間にやら、ある意味異様な「祭り」になっており、本当に不可解に思っています。
 先日のニュースでは、かなり酷い悪ノリや、その後のゴミまみれの風景などが流れていました。
 それを見ると、早くまた以前に戻ってほしいものだ、と思わざるを得ませんでした。

掲載時刻 23:59

2018年10月29日

久々に赤ちゃんをあやす

 電車に乗りました。座席は満員だったので、とりあえずつり革に捕まったら、隣に、泣いている赤ちゃんをあやしているお母さんがいました。
 そこで、赤ちゃんの顔を見て、「百面相」をやりました。すると、しばらくして赤ちゃんは泣き止み、自分の顔をじっと見ました。
 変な表情をした謎の人間に興味をひかれ、泣くのを忘れたようです。
 赤ちゃんをあやしたのはかなり久しぶりでしたが、成果(?)を出せたので嬉しく思いました。
 同時に、4月に生まれた姪の子どもに、もう半年も会っていない事を思い出しました。
 半年前は産まれたばかりで、ひたすら寝ていました。今度あったら、今回の実績(?)を活かして、あやしてみたいものだ、などと思ったりしました。

掲載時刻 23:59

2018年10月28日

なじみの店が20周年

 家から歩いて2分くらいのところにある、地元の洋菓子店プティ・マリエが創業20周年を迎えました。
 自分が今のアパートに引っ越したのは21年前の10月です。したがって、引っ越してからちょうど一年後に開業した店です。
 開業した時に行って購入し、美味しかったという印象を持ちました。
 それ以来、20年間、愛用し続けていました。おかげで、社長さんに相方ともども、顔を覚えられています。
 美味しいだけあって、経営も順調で、本店も開業時より拡張し、幕張に支店を出した他、イオン城と検見川浜の駅ビルにも出店しており、嬉しい限りです。
 20周年フェアをやっていたので、この店の名物である幕張ポテトを購入しました。
20181028-2.jpg 20181028-1.jpg
 毎度のことながら、美味しくいただけました。
 ぜひ、30周年や40周年も祝いたいものだ、と思いました。

掲載時刻 22:41

2018年10月27日

延長18回

 大リーグのワールドシリーズで、延長18回・7時間20分もの試合が行われました。
 最初にこのニュースを見た時、観客の集中力は持たなかっただろうな、とまず思います。
 そして、交代要員が足りなくて、翌日に先発する予定の投手まで起用したそうです。
 つまり、この延長戦のせいで、他の試合にまで悪影響を与えたわけです。
 そう考えると、延長18回までやる事に意味はあったのだろうか、と言わざるを得ません。
 かつては、このように際限なく延長を行うか、打ち切って引き分けもしくは再試合にするよりありませんでした。
 しかしながら、しばらく前に、タイブレークという制度が開発されました。それによって得点を入りやすくし、延長を短縮しつつ勝敗が決まりやすくなるようにしたわけです。
 それでうまくいっているのですから、この制度を大リーグや日本のプロ野球でも採用すればいいのでは、と率直に思いました。
 その結果、このような観客にも選手にもよろしくない「延長記録」がなくなる事を願っています。

掲載時刻 21:49

2018年10月26日

13年ぶりの「ダイエー津田沼店」

 かなり久しぶりにモリシア津田沼に行きました。すると、店内表示に「ダイエー」という文字があり、驚きました。
 この建物には、2005年の秋までダイエー津田沼店がありました。かなり大規模な「旗艦店」で、かつては「福岡ダイエーホークス」の優勝イベントをオーナー出席のもとで開催した事もありました。
 しかしながら、ダイエーの経営は一気に傾き、その球団も2004年に売却し、この津田沼店も閉店となりました。
 その後、数年ほど「空き家」になっていましたが、イオンが入って「モリシア」になりました。

続きを読む "13年ぶりの「ダイエー津田沼店」"
掲載時刻 20:46

2018年10月25日

サンダルの底が擦り切れる

 最近、ちょっと雨が降っただけで、職場の外階段を通った時に足の裏が濡れるな、と不思議に思うようになりました。
 しばらくは思うだけだったのですが、ある日、意を決して(?)職場で使っているサンダルをきちんと見てみたら、左のほうの底に穴が空いていました。
 履物を使い潰した事は何度もあるのですが、ここまではっきり穴があいたのは初めてでした。「足の裏が濡れる」と思った時点でなぜ確かめなかったのか、と自分に呆れつつ、代替品を購入しました。
 ちなみに、穴が空いたのは左だけなわけです。体の重心が左に寄っている、という事なのでしょうか。意外なところで気付かされました。

掲載時刻 23:05

2018年10月24日

保護されていない接続

 しばらく前から、SSLを使っていないサイトを表示すると、ブラウザに「保護されていない接続」という警告が目立つように出てくるようになりました。
 別に、クレジットカード番号などの重要な個人情報を入力する事がなければ、SSLの有無は関係ありません。たとえば、この「つれづれの館」を「保護されていない接続」で閲覧しても、何らリスクはないわけです。
 それだけに、なぜブラウザがこの「保護されていない接続」表示にこだわるのか今ひとつ分かりません。SSLのないサイトに個人情報を打ち込んで被害が生じた場合に、ブラウザ制作会社の責任を回避するためなのだろうか、などと思っています。
 なお、この「つれづれの館」は、サイトを構築する仕組みが古く、SSL接続で閲覧すると、表示が見づらくなります。したがいまして、当面の間、アドレスの隣に「保護されていない通信」と表示され続けます。ただし、先述したように、何らリスクはないのでご安心願います。

 
掲載時刻 22:33
Powered by
Movable Type 2.661