最近の更新
サイト内検索
Google


www.jakushou.com を検索
WWW を検索
カウンタ
  • アクセスカウンタ合計の来訪者数
  • 昨日アクセスカウンタ昨日の来訪者数
  • 本日アクセスカウンタ本日の来訪者数
翔みならの作品とつぶやき
ご案内

2019年01月16日

「枠」の悲劇

 横綱の稀勢の里関が引退しました。8場所連続休場・8連敗などの、残念な「横綱記録」ばかりが目立った晩年の相撲人生でした。
 稀勢の里関の横綱昇進の際には、これまでより甘い「昇進基準」が話題になりました。
 前の場所は、14勝して優勝した鶴竜関に2勝差をつけられた12勝3敗でした。次の場所で初優勝して横綱になったわけですが、これは「二場所連続優勝もしくはそれに準ずる成績」という規定を満たしたとは言い難いでしょう。
 おそらく、外国出身の大関が、稀勢の里関と同じ成績を挙げても、横綱に推挙される事はなかったのではないでしょうか。
 新横綱の場所は、終盤で明らかに出場が無理と思われる怪我をしながら、「奇跡的な勝利」を続けて優勝していました。その結果、怪我が尾を引いて、休場を続けて、以降、まともに相撲が撮れたのは一場所だけ、という結果に終わったわけです。

続きを読む "「枠」の悲劇"
掲載時刻 23:17

2019年01月15日

甘さと厳しさ

 よく「甘い人」と「厳しい人」という区分けがあります。
 その中では、自分はよく「甘い人」に分類される事が多いようです。基本的に他人にきつい事はいいません。あと、失敗が発生した場合、その失敗を執拗に追及することは絶対にせず、むしろフォローする、という習性からかと思われます。
 しかし、自分としては、「甘い人」という認識はありません。
 先述したような些細な事に関しては確かに「甘い対応」をします。しかしながら、本質的に許されない事については、絶対に妥協しないからです。これは20代の頃から今にかけ、全く変わっていません。
 これまで経験した色々な件で、自分より「厳しい」と言われた人はたくさん見ました。しかしながら、そのような本質的に重要な事件が起きた時に、「なるほど厳しいな」と思える対応ができた人は、数人しかいません。
 どうでもいい事に対しても「厳しさ」を発揮する必要があるとは到底思えません。むしろ、必要なときだけに発揮するのが「厳しさ」だと思っていますし、今後もそうありたいと思っています。

掲載時刻 23:52

2019年01月14日

18年前と違う読み方

 21世紀に入ってから連載して大ヒットした漫画を久しぶりに読みました。
 当時は普通に楽しく読んでいた記憶がありました。しかし、再度読んでみたら、その人権感覚のなさに驚きました。
 主人公はヒロインを普通に罵倒し、なにかあるとひっぱたきます。途中からは、性的少数者の方々を馬鹿にしたようなキャラまででてきていました。
 我ながら、よくこんな漫画を、当時は普通に読めたものだ、と驚きました。
 まあ、それだけ人権侵害に対する世間の意識が進み、自分もその影響を受けた、というのもあるのでしょう。

 もっとも、この2019年になっても、このような人権感覚で描かれている漫画はすくなくありません。先日も、超大手雑誌が性差別的な企画を行い、問題になったものでした。
 漫画界の健全な発展のためにも、これについては何とか改めて欲しいものだと思っています。

掲載時刻 23:07

2019年01月13日

学びたいものが次々と

 先月にちょっと書きましたが、年末年始にかけて、ちょっと力を入れて読書をしました。
 仕事に関する本ですが、改めて、物事の基本を理解することができ、大変有意義でした。
 情報を入手するのならネットのほうが早くて多彩な情報を選べます。しかし、物事の「基礎体力」をつけるにはやはり読書だな、と思いました。
 読み終わる頃には、また新しい課題が生まれ、さらに本を買いたくなります。
 あと5ヶ月ほどで50歳になりますが、学ぶ気持ちは、これからもずっと持ち続けたいものだな、と思っています。

掲載時刻 23:19

2019年01月12日

30年めの飲み会

 大学時代、将棋研究会に所属していました。卒業後はOB会活動を初め、現在まで継続しています。
 入学した年の暮れ、同期のNくんが、クリスマスパーティ兼忘年会を企画しました。自分はそのときは欠席しましたが、その後、参加をするようになりました。この会は、卒業後も続きました。
 7年ほどまえ、それまでずっと幹事を務めていたNくんが急逝しました。その後は、自分が幹事を引き継ぎました。そして、本日、30回めの会を開くことができました。
 皆、年をとり、いろいろな経験をしました。しかし、将棋に関しては、30年前と同じ感覚で、楽しく語り合うことができました。
 この会を、40年、50年と続けていければと、思いました。同時に、かつて主催者であったNくんがいないことに寂しさを感じたりもしました。

掲載時刻 23:55

2019年01月11日

一日だけ「利子生活」

 10年ものの定額預金が満期になりました。その利息の一部で、今日の食事をまかないました。
 つまり、今日一日は、「利子で生活」したわけです。
 20世紀は、定期預金の利率が3~5%くらいありました。そのため、一定の貯金があれば、その利息だけで生活することが可能でした。そのため、「利子生活者」などという言葉もありました。
 もちろん、この超低金利の時代においては、完全に死語となってしまいましたが…。
 言い換えれば、この低金利政策により、本来、庶民が受け取れたはずの利子が吹っ飛んでしまったわけです。その一方で、この政策により、大儲けした人がいたわけですが…。
 そんな事を思いながら、チェーンのファーストフード店で、「一日だけ利子生活」をつつましく楽しみました。

掲載時刻 20:37

2019年01月09日

デイリーヤマザキが閉店

 近所にあるデイリーヤマザキに行きました。元旦にも行っており、「今年初の買い物をした店」だったところです。
 ところが今日は、冷凍庫が空っぽになっており、他の場所もえらい品薄でした。「もしや…」と思ってレジに行ったら、案の定、来週の火曜で閉店、という表示がありました。
 月刊誌の入荷が早いこともあり、一時期は毎月通っていました。また、21年半前に幕張本郷に来たときからずっと営業し続けている、数少ない店の一つでした。
 それだけに、閉店と聞いて、かなり寂しいものがありました。
 なくなる前に、もう一度くらいは行かねば、と思っています。

掲載時刻 23:23

2019年01月08日

チャリィー号の修理

 通勤などに愛用している自転車・チャーリィ号の後輪が大晦日に壊れました。パンクではなく、車輪交換が必要とされるレベルです。
 正月休みもあってなかなか治せなかったのですが、今日、やっと修理することができました。ついでに、以前に外れた時に「限界に近い」と言われたチェーンも交換しました。
 これまでも、まずは後輪を、続いて前輪を一回ずつ交換しています。それと今回の修理費を足したところ、5年半前にチャーリィ号を購入した時の費用をちょっと上回ってしまいました。

続きを読む "チャリィー号の修理"
掲載時刻 23:10

2019年01月07日

不快にさせるテクなら最高の営業電話

 職場に電話がかかってきました。いきなり「そちら様が電話の基本料金が無料になった事を知らなかったのでお電話しました」と言ってきたのです。
 もし言っている事が本当で、基本料金が無料になったていたとしても、なぜこの電話をかけてきた人は、それをこちらが「知らない」という事がわかるのでしょうか。
 しかもそれを「どうせあんたは無知だからしらないだろう」という口調で話しかけてくるのです。
 もちろん、「電話料金(もしくはインターネット)が安くなります(もしくは無料になります)」という電話をかけてくる業者は100%相手にすべきではありません。
 その電話を真に受けて契約し、得したひとなどいません。

続きを読む "不快にさせるテクなら最高の営業電話"
掲載時刻 23:33

2019年01月05日

休みの効用

 この正月休みは、特にでかけたりしませんでした。
 ある意味ダラダラと過ごしたわけですが、ダラダラしていると、色々な考えが頭に浮かびます。
 どうでもいい事も多いのですが、その中には、一見、当然のようで、普段暮らしていては思い浮かばないようなものもあります。
 そういう経験をするたびに、「やはり長い休みというのは必要だな」と思います。
 正月休みは終わりました。今年は忙しくなりそうですが、このように休んで発想力を高める時間は確保し続けたいものだと思っています。

掲載時刻 17:46

2019年01月04日

2019/1/4の更新

 ニャン孫のことを書きました。
 ブログでもしばしば言及していた、友達であるニャン孫の出会いから引っ越しまでについて書いています。
20141219.jpg 20180922_2.jpg

掲載時刻 22:12

2019年01月03日

新春恒例の富士山

 毎年、正月休みに、富士山を見に行っています。
 別に山梨や静岡に行くわけではありません。自宅から歩いて5分ちょっとのところに、この時期だけ富士山が見える場所があるので、そこに行って夕暮れの富士山を見て、写真を撮っているのです。
 10数年前、たまたま見えた富士山がきれいだったことから、正月の恒例行事になりました。別にやらないと困るものではありません。とはいえ、年明けそうそう、「課題」を達成することができ、ちょっとうれしく思いました。
20190103.jpg

掲載時刻 19:16

2019年01月02日

今世紀初の「手書き宛先年賀状」

 昨日も書きましたが、自分の「年末年始休暇」は元旦の昼からでした。
 そういう事もあり、年賀状にとりかかったのも、2日になってからでした。
 とりあえずプリンタを出して、アクセスに入れている住所を印刷しようとしたのですが、かすれてしまっています。ヘッドクリーニングを試みたのですが、何の効果もありません。どうやら、プリンタが故障してしまったようです。
 しかたないので、宛先は手書きにしました。少なくとも、21世紀に入ってから、手書きで年賀状の宛先を書くのは初めてです。
 字が下手な上に、手が疲れて、えらく苦労しました。
 ある時期まで、「ワープロ打ちは失礼。手書きでこそ心がこもっている」みたいな言説がまかり通っていました。
 しかし、自筆の宛名の拙さにほとほと呆れながら、そんなこと絶対にないよな、と改めて思いました。

 ちなみに、ここ数年、プリンタを使うのは、年賀状の宛先印刷だけでした。それだけに、プリンタを買い換えるのも気が引けます。来年の年賀状はどうしようか、と今から悩んでいます。

掲載時刻 22:26

2019年01月01日

謹賀新年2019

 新年あけましておめでとうございます。
 本年も「つれづれの館」をよろしくお願いいたします。

 仕事の関係で、大晦日は深夜まで働き、そのまま職場に泊まりました。そして、朝はいくつかのトラブル対応のため、千葉市内を車で移動して、荷物を回収したり届けたりしました。
 そして、昼前に帰宅し、そこから「年末年始休暇」が始まりました。
 ひたすら、家にこもって、寝たり、TVを見たり、パソコンを叩いたりして過ごしました。
 というわけで、まだまだ正月という実感はありません。明日からは、正月休みにやろうと思っていた事を少しずつ手をつけようと思っています。

掲載時刻 21:41

2018年12月31日

2018年を振り返って

 いよいよ2018年も終わりです。
 今年は、秋にニャン孫が引っ越してしまって会えなくなった事が一番自分にとって大きなことでした。
 また、年末に歯医者でひどい目にあうなど、あまりいい一年とは言えませんでした。
 なお、この二件については、正月休みを利用して詳しく書こうと思っています。
 来年はどんな年になるのでしょうか。ぜひともいい年にしたいものですが…。
 それでは皆様、よいお年をお過ごしください。

掲載時刻 16:57

2018年12月30日

2018/12/30の更新

 翔みならブログ「めもちょう」に冬コミ御礼を掲載しました。

掲載時刻 20:57

2018年12月29日

コミケ95ご案内

 トップ絵を更新しました。
 翔みならブログめもちょうに冬コミ情報を更新しました。

掲載時刻 22:32

花見川区産の白菜を食べる

 お世話になっている方が、花見川区の畑で取れた白菜を持ってきてくれました。
 スーパーでは白菜といえば1/4カットで売られるのが普通になっています。そんななか、久々にまるごとの白菜を見ました。
 相方が捌いてくれて、昨日は水炊き、今日はクリーム煮を楽しみました。
 もちろん、普通の白菜と味が違うわけではありません。とはいえ、花見川区に21年住んでいるだけに、「地元産」を食べることに感慨がありました。やはり地産地消(千葉弁(?)では千産千消)はいいものだな、と思いました。

掲載時刻 22:26

2018年12月27日

懸案を一つ解決

 ここ2ヶ月ほど悩んでいた事を一つ解決できました。
 まだまだ課題は多いのですが、とりあえず、一歩進めた、という感じです。
 色々と懸案を抱えると、一つの事を解決するまで、二つ目の事ができなくなります。
 やればできるはずなのですが、どうしても二つ目に向かう気力が出てこないのです。
 そういう意味においても、この懸案を解決できたのは嬉しい事でした、
 自分には、さまざまなやらねばならない事があります。それを実現させるためにも、一つひとつ、目の前の課題を解決する必要があります。
 今回の件も小さい一歩ですが、最終的な目標に向かうための重要な一歩になったと思っています。
 先は長いですが、少しずつ進めていきたいものだと改めて思いました。

掲載時刻 23:55

2018年12月25日

クリスマスの謎

 クリスマスの定番と言えば、親が子どもにプレゼントし、それを「サンタさんが贈ってくれた」と言うのがあります。
 自分の両親はクリスチャンだったので、そういうキリスト教の風習でもあるのかと思っていました。ところがある時期になり、宗教に関係なく多くの家庭で行われていると知り、ちょっと驚いた記憶があります。
 その後いろいろあって、10代後半頃から「敬虔な無神論者」になって30年ほど過ごしています。
 その立場で言わせてもらうと、キリスト教徒の両親ならまだ理解できなくもないが、それ以外の親がやるのは百害あって一利なし、というのが率直な結論です。
 信じてもいない宗教の行事で、子どもに事実と異なる事を説明して何かメリットはあるのでしょうか。
 普通に親からのプレゼントだと言えば、子どもに素直に感謝されます。それを、「サンタが超自然的な方法で家に入ってプレゼントした」と説明するのは、子供の論理的思考や科学的思考を育むのに極めてマイナスだと言わざるを得ません。
 まあ、我が家には子どもがいないから、こうやって客観的に言えるのかもしれませんが…。
 毎年ながら、そんな事を思いながら過ごしたクリスマスでした。

掲載時刻 23:51

2018年12月24日

エクセル日付入力で年末を感じる

 エクセルで日付入力をする際、当然ながら、来年の日付を入力する事が増えました。
 普通は、「12/24」みたいな感じで月から入力すればいいのですが、来年の日付を「1/4」と入力してしまうと、エクセルは杓子定規に「2018年1月4日」と登録してしまいます。
 その結果、日付で計算をしていたり、曜日を自動表示させる設定だと、困った事が起きます。先程の「1/4」ですと、「1/4(金)」ではなく、「1/4(木)」と表示されてしまうのです。
 そのため、わざわざ「2019/1/4」と入力しなければなりません。
 毎年の事ですが、この入力をするようになりますと、「ああ、もう年が変わるのだな」と意識するようになります。
 というわけで、気がつけば今年もあと一週間、やることが多くて大変ですが、なんとか無事に年を越せればと思っています。

掲載時刻 23:45

2018年12月23日

21年間で最大の難問

 最初にパソコンサポートの仕事をしたのは1997年でした。
 以来21年間、色々な仕事をしましたが、量の多寡はあれども、一貫してパソコンサポートの仕事が入っています。
 その間、色々苦労したり、悩んだ事はありました。
 しかしながら、依頼を受けてからここ数ヶ月抱えている問題は、これまでで最も不可解なトラブルです。
 今まで抱えたトラブルは、いずれもいくつか試行錯誤すれば原因だけは理解できました。しかしながら、今回のは、その原因が皆目見当つきません。
 これまでの経験をたどっても、現象を分析しても、どうしてもありえない障害なのです。
 おかげでかなり消耗していますが、なんとか解決したいと、色々調べている今日このごろです。

掲載時刻 23:04

2018年12月22日

天然ゆず湯

 先日、職場の人が、庭でとれたゆずをプレゼントしてくれました。
 今日は冬至ですので、それを使って、ゆず湯を楽しみました。
 市販のゆずに比べると、香りは強くありませんでした。逆に、それゆえの天然感を楽しむことができました。
 というわけで、明日から少しずつ日が長くなります。これからの数カ月は、日が長くなるたびに忙しさが増す、という予定になっています。
 ちなみに、具体的な事は何も決まっていません。ただ、忙しくなる事だけは決まっています。
 それに向けての、いい気分転換になった「天然ゆず湯」でした。

 
掲載時刻 22:36

2018年12月20日

早めのクリスマスディナー

 ちょっと早いですが、相方とクリスマスディナーを楽しみました。
 店は船橋にあるドイツ料理店です。かつてはドイツ滞在経験のある人が本場の料理をふるっていましたが、惜しまれつつ閉店しました。
 その後、その味を継承する人が近くに後継店を開き、現在に至っています。
 本格的なソーセージ、ザワークラウト、ジャーマンポテトなどを楽しみました。また、年末なので禁酒を一時中止して、本場のビールを楽しみました。ここでしか飲めない「麦芽を燻製した黒ビール」の独特の香りを楽しんだりしました。
 相方も楽しんでいたようで、いい時間を過ごせました。また来年のクリスマスもこういう時間を過ごしたいものだと思いました。

掲載時刻 22:33

2018年12月19日

読みたい本が…

 今月に入り、本を二冊買い、図書館で三冊借りました。まだやって一冊目を読み出したばかりですが、さらに買いたい本が現れました。
 時間はもちろん、予算という問題もあるのですが、なんとか買って読まねば、と思っています。
 10代の頃は、乱読というくらいによく本を読んだものでした。色々な必要性や興味深いことが増え、その頃の読書欲が戻っているような気分になっています。
 もちろん、かつてほど読書に時間を作ることはできないのですが、正月休みなども活用して、なんとか読み切りたいものだと思っています。

掲載時刻 23:25

2018年12月18日

やっと普通の食事に

 まだまだ歯も喉も万全ではないのですが、なんとか普通の食事に戻すことができました。
 というわけで、今日は11日ぶりに、米の御飯を食べました。
 その美味しさに、改めて当たり前に食事ができる事に感謝しました。
 まだまだ完全に戻ったわけではありませんが、今回の件は、本当に色々と考えさせられました。
 特に、今まで情報は持っていても実感がなかった「口や喉の問題で、食事が楽しめない人」の気持ちを感じることができました。
 そういう意味ではいい経験になりました。ただ、二度と同じ経験はしたくありません。そのためにも、健康管理と医者選びに知恵をしぼろうと思っています。

掲載時刻 22:16

2018年12月17日

駅乗降客が世界一?

 ネットで定期的に、「世界の乗降客数の多い駅ランキングの上位はすべて日本の駅」という情報が流れます。
 書いている人も拡散している人もそれを「日本スゴイ」という感じで認識しているようです。
 しかし、これは誇れる事なのでしょうか。
 その「乗降客数世界トップ」のため、通勤電車は満員で、「積み残し」すら出ます。
 事故で運休などとなったら、駅に入れなくなることすらあります。
 それだけ多くの人が通勤に苦しんだり、被害にあったりしているわけです。
 そんな百害あって一利のない「世界トップの日本」を誇るのではなく、この過密な通勤状況を変える知恵を出す必要があるのでは、と思っています。

掲載時刻 22:14

2018年12月16日

霜がおりる

 夜明け前に起きて自転車で街を走りました。
 予想気温1度なだけあって、かなりの冷え込みでした。
 自動車は結露しており、畑や公園には霜がおりていました。
 改めて本格的に冬になったのだな、などと思いながら、早朝の風景を楽しみました。

掲載時刻 23:22

2018年12月15日

少しずつ回復するも…

 抜歯の痛みはかなり引きましたが、相変わらず満足に食事ができません。
 本日、通院したら「筋肉が炎症を起こしている。完治するまで2~3ヶ月かかる」と言われました。そんなリスクがあること、抜歯の前には一言も聞いていません。少なからず呆れました。同時に、新たな歯医者を探すことを決意しました。
 とにかく、満足に口が開かないのです。今日もロールケーキを買ったのですが、一口で食べることができずに、細かくちぎって食べました。

続きを読む "少しずつ回復するも…"
掲載時刻 21:57

2018年12月14日

メールとデータを復旧

 別々のところから、「メールが使えなくなった」「外付けHDDが見れなくなった」という復旧依頼が来ていました。
 抜歯痛問題もあり、なかなか動けなかったのですが、休みを利用してまとめて対処しました。
 メールのほうは、今週に入っていきなり使えなくなった、とのことでした。
 とりあえず、メールソフトの設定の様々な箇所をチェックし、正常であることを確認しました。
 その結果、メールソフトに問題はなく、メールサーバーの問題と結論づけました。

続きを読む "メールとデータを復旧"
掲載時刻 22:49

2018年12月13日

みぞれが一瞬降る

 踏切待ちをしていたら、ふいに雨が降り出し、さらにバラバラと音までしました。
 最初、「ゲリラ豪雨か?」と思ったのですが、特に雨脚は強くなりません。
 雨音とのバランスがおかしい、などと思いながら足元をみると、ちょっと白くなっていました。どうやら、みぞれになっていたようです。
 踏切が開く頃には、雨音は普通になっていました。たまたま。踏切待ちをしていなかったら、みぞれそのものに気づかなかったかもしれません。
 ほんの一瞬だけ、冬の訪れを感じることができました。

掲載時刻 23:17

2018年12月12日

禁酒効果てきめん

 8月に禁酒してから初となる健康診断の結果が帰ってきました。
 昨年に比べると、大幅に数字がよくなっていました。特に、肝機能の目安である「γ-gtp」という数値は、前回の1/3に減っており、これまでの「要観察レベル」から「健康レベル」になっていました。
 改めて、酒を飲まないと健康にいいのだな、と思いました。
 もっとも、抜歯痛のため、酒を飲みたくても飲めない現状を鑑みると、「やはり飲みたいときには飲めるくらいなほうがいいな」とも思えてきます。
 そのあたりを意識しながら、少々は酒を飲みつつ、基本は禁酒、というのを当分は続けようと思っています。

掲載時刻 23:22

2018年12月11日

食事も体力も戻らず

 自転車通勤を再開しました。帰りはえらくペダルが重く、変速設定を下り坂用に間違えたか、と確認したほどでした。
 やはり抜歯痛の影響でろくにものを食べていないので、体力が落ちているわけです。
 今日は少し楽になったので、思い切って野菜ジュースを飲んでみたのですが、かなりしみて痛みが残りました。
 というわけで、もうしばらくは、麺類・ひきわり納豆・おかゆ・スープ・ゼリー飲料だけの食生活が続きそうです。
 今は耐えるよりありませんが、痛みが引いたら、これまで失った体力を取り戻すために、ちょっと大食いでもしようか、などと思っています。

掲載時刻 22:48

2018年12月10日

抜歯の後遺症で寝込む

 金曜日に歯を抜いた時は、かなり痛かったくらいでした。
 ところが翌朝起きたら、痛みで体が動きません。土曜は楽しみにしていた忘年会もキャンセルして一日寝込みました。
 日曜はどうしても外せない用事が二件ほどあったので朝と晩に外出しましたが、それ以外はずっと寝込んでいました。
 痛みも困るのですが、物を噛めないのも困りました。食べれるのは麺類とお粥とスープだけです。それらを食べるのも苦労します。コーンスープを飲んだのですが、とうもろこしの粒が食べれないほどでした。

続きを読む "抜歯の後遺症で寝込む"
掲載時刻 21:46

2018年12月07日

二本目の抜歯

 右の奥歯が虫歯になったので、抜きました。昨年は左の親知らずを抜いたのですが、その時よりも治療費が高く、面倒な作業でした。加えて、抜いた後の痛みもかなりのもので、1時間ほど悶絶していました。
 当然、食事にも支障が出て、空腹なのにものが食べづらく完食できない、という悲惨な状況になっています。
 改めて、歯が健康である事の重要性を認識させられました。この苦労を味あわないよう、もっと歯をきちんと磨かねば、と痛感した次第です。

掲載時刻 22:00

2018年12月06日

30分間延々と「あおり運転」が流れる

 ある事務所でパソコンのトラブル対応をしていました。
 事務所では昼のワイドショーが流れていました。
 30分近く作業をしていたのですが、その間、延々と「高速道路あおり運転」だけが流れていました。
 別にそれを見たからと言って何の役に立つわけでも、重要な情報が得られるわけでもありません。
 にも関わらず、キャスターもコメンテーターもどうでもいい事をダラダラと言い続けていました。
 その一方で、国会では問題のある法案が強行採決で通されようとしています。働く事、水を飲むこと、魚を食べることなど、すべて我々の日常生活を直撃する事ばかりです。
 しかし、それについては報じず、ひたすら「あおり運転」が流れ続けました。
 一時期の「紀州のドンファン」や「相撲取りの暴力」同様、本当に意味のない事です。ここまで来るとその目的は、「視聴者の目から重要な事を隠す」である事は明白だな、と呆れました。

掲載時刻 23:56

2018年12月05日

高輪G駅

 品川と田町の間にできる駅が「高輪ゲートウェイ」という、しょうもない名前になってしまった事が話題になっています。
 元高輪町民としても、地元感がまったくなく、呆れています。まあ、鉄道会社が駅周辺に「ゲートウェイ」なる商業施設を作りたいのだろうな、という意図だけは伝わってきました。
 こんなしょうもない名前にするくらいなら、自分が高輪に住んでいた時、家の隣にあった公園であるゲジゲジ山(公式名称「高松くすのき公園)の名をつかって、「高輪ゲジゲジ山入口」とでもすればいいのに、などとまで思ったりしました。

掲載時刻 21:55

2018年12月04日

12月の深夜にTシャツで買い物

 えらく温かい一日でした。
 帰宅したら相方がTシャツ一枚でした。それにならって、自分もTシャツ一枚で過ごしましたが、全然寒くありません。
 その後、買い物に行こうと思ったのですが、相変わらずの気温のようなので、そのままTシャツ一枚ででかけました。ちょっと寒さを感じはしましたが、もう一枚羽織る必要は感じませんでした。
 コンビニで、他のお客さんはみな、コートにマフラーといったいでたちでした。そんななか、Tシャツ一枚で買い物する、というのはなかなか奇妙な気分でした。
 半世紀近く生きていますが、12月のしかも深夜にTシャツ一枚で外出というのは初めてです。面白くはありましたが、これは地球温暖化の影響でもあるわけです。それを思うと、いろいろと不安にもなりました。

掲載時刻 23:48

2018年12月03日

流行語・新語大賞

 流行語・新語大賞が発表されました。
 地上波放送を見るのは週に1時間という生活なので、TV関係のものはほとんど聞いたことがありません。一方で、ネット発である「ご飯論法」や「#MeToo」などは、発生した時期から見慣れていたので感慨がありました。
 ただ、どちらも存在して好ましいものではありません。
 「ご飯論法」は閣僚や官僚が、事実を歪めて答弁をするための「論法」です。また、「#MeToo」は女性に対する不当かつ差別的な言動に対する告発です。
 それらが流行語・新語として話題になった事により、それらの不当さが明るみに出ました。そういう点においては大きな意義があります。したがって、受賞も大変喜ばしいことです。
 ただそれと同時に、これらの言葉が流行しない世の中にしなければ、と思いました。
 やはり、閣僚や官僚が誠実な答弁を行うのが当然ですし、女性に対する不当な差別的言動もなくなるべきです。
 そのように変わることで、「今では信じられないけれど、『ご飯論法』とか『#MeToo』が流行語・新語大賞になるような異常な時期もかつてはあった」と語れるように時代にしたいものだと思いました。

掲載時刻 22:38

2018年12月02日

休養日

 多忙な月末を過ごし、疲れがピークに達していたので、今日はほとんど布団の中で過ごしました。
 歳のせいか、最近になって、二ヶ月に一度くらい、こんな「休養日」を設定せざるを得なくなっています。
 何もできないのは残念ですが、無理して何かしようとすると、溜まった疲れが悪い方向に出てしまう危険があります。
 それだけに、逆に黄信号が出ている状態なんだな、と理解し、無理して進まずに、体を休めました。
 疲労ゼロの生活ができれば一番いいのですが、それができない以上、こうやって疲労回復の時間を取らざるを得ないな、と思っています。

掲載時刻 21:12

2018年12月01日

師走に

 12月になりました。2018年最後の月になったわけです。
 気温が高く、あまり実感がないのですが、もう年末なんだな、と思います。
 自分の場合、特にすることもないですし、大晦日まで仕事があるので、特別な感慨はないのですが、これまで通り、無事に一ヶ月を過ごせれば、などとは思っています。

掲載時刻 22:05

2018年11月30日

2018/11/30の更新

 別ブログに「益税」という藁人形という記事を書きました。
 マスコミがよく報じている「消費税増税の影で『益税』で儲けている非課税業者がいる」というのが、いかに事実と異なるかについて、筆者の経験も含めて書いています。

掲載時刻 22:21

2018年11月29日

「いい○○の」の月?

 ここ一ヶ月ほど、毎日のようにネットで「いい○○の日」という宣伝文句を見ました。
 11月の「11」を「いい」と語呂合わせして「記念日」にする、というわけです。
 自分が初めて認識したのは11月22日を「いい夫婦の日」としたものでした。
 その時は、うまいなと感心し、かつ微笑ましく思いました。
 しかしながら、このように毎日が「いい○○の日」だとさすがに食傷気味になります。
 さしずめ明日30日は「いい日が終わる日」という語呂合わせしてもできてしまうよな、などと思ったりもしてしまいました。

掲載時刻 21:50

2018年11月28日

水炊き

 鍋物の季節になりました。今日の夕飯は水炊きでした。
 自分は子供の頃から水炊きが大好きです。全てにおいて好きなのですが、時に、鳥の旨味が染み込んだ白菜を食べる時は至福のひとときと言わざるを得ません。
 今日は、白菜のみならず、豆腐にも旨味が染み込んでいて、非常に美味でした。
 寒いのはちょっと苦手なのですが、水炊きを食べている時は、この季節になってよかった、としみじみ思います。

掲載時刻 23:23
Powered by
Movable Type 2.661