最近の更新
サイト内検索
Google


www.jakushou.com を検索
WWW を検索
カウンタ
  • アクセスカウンタ合計の来訪者数
  • 昨日アクセスカウンタ昨日の来訪者数
  • 本日アクセスカウンタ本日の来訪者数
翔みならの作品とつぶやき
ご案内

2019年09月16日

風邪が抜けない

 土曜日に快方に向かったと思われた風邪ですが、連休にバタバタしていた結果、ぶりかえしてしまいました。
 やはり、風邪をひいた時は安静にしないといけないと、つくづく身にしみました。
 少し余裕を作りましたので、その間、しっかり休んで、今度こそ全開させねば、と思っています。

掲載時刻 22:01

2019年09月15日

猫と倒木

 仕事でよく行く集合住宅に行きました。
 ここは非常に広い庭を持っており、多くの野良猫がいついています。
 普段は、この敷地に入ると、離れたところにいる猫がこちらを向きます。一応、「ニャー」と挨拶するのですが、近寄ってはきませんでした。
 ところが、今日行ったら、様相が様変わりしていました。
 普段使っている入り口のところは、この前の台風で樹が倒れており、「立入禁止」のロープが張ってあります。
 それに驚いて突っ立っていたら、何人かの猫がやってきました。そして、「ニャー」と声をかけてきました。
 ここには何十回も行っていたのですが、こんな事は初めてです。
 おそらく、普段、猫にご飯をあげている人が来れなくなったのでしょう。そこで、人間を見たら、知らない人であるにも関わらず、「ご飯をください」という意味で「ニャー」と声をかけたのでしょう。
 台風から一週間経ちましたが、多くの人々が、水も食糧も電気も乏しく、苦しんでいます。同様に、猫たちも苦しんでいるわけです。
 一刻も早く、この状況をなんとかせねば、と思いました。同時に、同様の事が起きた際に、早急に復旧できる体制が取れるような世の中に変えていかねば、とも強く思いました。
20190915_063201_HDR.jpg

掲載時刻 21:45

2019年09月14日

早く風邪を治す方法

 朝、起きたら喉が痛く、鼻水と痰が出ました。典型的な風邪の症状です。
 そこで、布団にもぐりました。まだまだ暑さが残っている時期ですが、冬用布団を出して、そこに入ります。
 かなり熱いのですが、しばらくウトウトしていると、体が中から熱くなります。
 それこそ、滝のように汗をかくのですが、我慢して布団に潜ります。そして、しばらくすると、汗が引くので、寝間着を取り替えて、汗を拭きます。
 これを何回かやっているうちに、喉の痛みはかなり引きました。
 詳しい原理はわからないのですが、おそらくは、体内に入った風邪ウイルスに対し、免疫機能のようなものが、対処をするのでしょう。そのために、エネルギーを使い、体が熱くなって汗が出るのだ、と思っています。
 そのためにも、休息と一定の暖かさが必要となるわけです。
 毎度のことながら「風邪をひいたら暖かくして寝る」という「伝統」がいかに正しいかを実感しました。
 同時に、昨今の医薬品メーカーが出している「風邪をひいても出勤しなければならない人向けの薬」がいかに本質的な治癒を妨げているか、という事も痛感させられました。

掲載時刻 18:40

2019年09月12日

停電が復旧しない

 台風から4日経ってやっと、我が職場の人たちの停電・断水は解消されました。
 しかしながら、南房総や伊豆諸島など、停電が続いている地域は多々あります。いまだに復興の見込みすら経っていません。
 もちろん、送電線の鉄塔が倒れるなどといった、「想定外」の被害だった、というのもあるのでしょう。
 しかし、電力会社にしろ、行政にしろ、根本的な要因として、人不足があるのでは、と思っています。
 電力会社の話ですと、検針する人すら、偽装請負の「個人事業主」になっているそうです。
 また、行政でも非正規化と正職員の長時間労働の話をよく聞きます。自分の大学の後輩にも100時間残業して休職した県庁職員がいました。
 そんな状況では、普段ならなんとか回せるのかもしれませんが、このような大事件が起きたら、完全にキャパオーバーになってしまいます。
 ここ30年近く、日本は「人減らし合理化」が素晴らしいことと扱われ、どんどん人を減らし、人件費を削っていきました。その結果起きているのが現在の状況だと思っています。
 この考え方から脱却しない限り、今後、増え続ける災害に対する回復力はさらに下がっていくこと間違いないでしょう。

掲載時刻 22:53

2019年09月11日

災害の深刻さが増す

 幸運にも、自宅も職場も電気・水とも正常です。
 しかしながら、エアコンの効いている職場でも、ちょっと体を動かすとすぐ汗だくになるほどの高温多湿です。
 それを考えると、電気も水も止まっている地域の方々の苦しみは想像を絶するものがあります。
 しかしながら、自宅が停電している職場の人も、苦労を語らずに、困っている人たちの心配をしています。
 千葉市もかなり深刻ですが、まだマシなほうで、房総半島などはかなり酷い状況になっています。
 しかしながら、商業新聞やテレビ欄を見ると、千葉の被害などそっちのけで、実績ゼロの二世議員が入閣した事に大騒ぎをしています。
 改めて呆れると同時に、今や「商業新聞やテレビを見ると、本当の事がわからなくなる」という時代になってしまったのだな、と痛感させられました。

 
掲載時刻 22:18

2019年09月10日

想像を超える被害

 昨日、実際に目にしたり、ネットで見た地元の被害に驚いていましたが、全県の被害は想像を絶するものでした。
 この猛暑の中、多くの家庭で電気も水も止まっています。食料の供給も不足しているという情報もあります。停電なので、冷蔵庫の中の食べ物も傷んでいる事でしょう。
 今年も含め、毎年、台風や地震で大災害が起き、同じような状況が起きています。
 にも関わらず、いまだに、被害が発生した時の対応が全く進歩していません。同じように被害を受け、同じように孤立し、やっとたどりついた避難所では、まともに寝ることすらできません。
 もはや、今の日本は、毎年確実に台風や水害が起きる国なわけです。
 にも関わらず、それに見合った対応が全然できていません。
 一方で、アメリカが売りそこねた飼料用トウモロコシを買うお金はあるわけです。
 地元で起きた災害なだけに、より一層、世の中の歪み並びに、その異常さが拡大している事を痛感させられています。

掲載時刻 23:13

2019年09月09日

台風が千葉に上陸

 未明から早朝にかけて、台風が千葉市に上陸しました。
 職場の人が、「40年千葉市に住んでいたけれど、台風が海から直接千葉市に上陸したなんて初めて」と驚いたくらいの異常事態です。
 経路もそうですが、その被害も尋常ではありませんでした。
 総武線の東千葉駅は屋根が吹っ飛びました。
 また、稲毛区作草部周辺の国道では、沿道にあったプレハブが道路まで吹っ飛んで、道を塞ぐ、などという事もありました。
 この国道は仕事でちょくちょく通っているだけに、他人事とは思えませんでした。
 他にも停電をはじめ、様々な被害が起きています。
 幸い、我が家は一切被害がありませんでしたが、これはたまたまの幸運としか言いようがありません。
 気候が変わり、このような莫大な被害をもたらす天災が普通に発生するようになってしまったわけです。
 それに見合った防災体制並びに、被害者対応の仕組みを作る必要があると強く思いました。

掲載時刻 21:42

2019年09月08日

家事をこなす

 相方が風邪でダウンしました。
 そこで、普段の洗い物に加え、食事作り・買い物・クリーニング引き取りなど、家事全般をこなしました。
 昼食で作ったゆで卵の具合がよく、相方にも褒めてらいました。
 これまで、料理は完全に相方まかせでしたが、やはり自分もきちんと出来るようになったほうがいい、強く思いました。
 そのためにも、料理のレパートリーを増やさねばなりません。
 やはり「好きこそのものの上手なれ」ですので、自分の好物を作れるように研究するのがいいのだろう、と思っています。

掲載時刻 20:17

2019年09月07日

かつての通勤路線で事故

 京急で踏切事故が起きました。
 実は、13年ほど前、この事故現場を毎日通勤していた時期がありました。
 一ヶ月ちょっとだけだったのですが、当時の職場が神奈川新町駅近くにあるサポートセンターに人を出しており、一時的に欠員が生じたため、その代役としてここまで通っていたのです。
 横浜で働く、というのは初めての経験でした。また、担当の人といい信頼関係を築くことができたのも、いい思い出です。
 それだけに、あの駅の手前で大事故が起きた、というのは他人事とは思えませんでした。
 いろいろな情報を見る限り、高速運転を優先して、安全確保をおざなりにしていたのでは、というように思えてきます。
 何度も書いていることですが、鉄道会社の利益を安全より優先する姿勢は大問題です。
 そこが改まらない限り、また同じような悲劇が起きるのでは、と気になりました。

掲載時刻 21:57

2019年09月06日

み春野

 所要で、「み春野」という町に行きました。
 この町、自分が住む幕張本郷と同じ花見川区にあるのですが、自宅からここに行くのに、自動車で30分、公共交通機関だと40分以上かかります。
 ちなみに、自宅から40分かけて総武線に乗れば、江戸川を越えて東京都の新小岩あたりまで行けてしまいます。
 それだけにこれまで行く機会がなかったのですが、行ってみて驚きました。
 国道16号を曲がって行くのですが、途中、ほとんど家はありません。そして途中から田んぼの真ん中を通ります。数分走ると、突如バスターミナルが現れ、そこから先が「み春野」の町域になります。

続きを読む "み春野"
掲載時刻 22:06

2019年09月05日

凡ミス

 極めて初歩的なミスをしてしまいました。
 しかも、自分がこれまで長年得意としてきた分野が3つくらい重なった業務でのミスです。
 我ながら、よくもこんなミスができるものだ、と呆れてしまいました。
 まあ、それだけ、公私ともどもえらく疲れている、という事なのでしょう。
 ありえないミスをしたのは心底悔しいですが、これも一つの警告と思い、今後の体調管理の指針にしようと思った次第です。

掲載時刻 23:05

2019年09月04日

スマホが容量オーバーに

 電子書籍をスマホに落とそうとしたら「容量オーバーです」という表示を見ました。
 ファイラーで確認したら、たしかに、残り容量が1GBを切っていました。
 購入して3年以上経ち、その間、高解像度の写真を取り続けていました。それだけに、容量が危なくなるのは当然とはいえます。
 とはいえ、容量不足で悩むなど、ここ20年ほどなかったので、ちょっと驚きました。
 仕方ないので、写真を削除し、なんとか場所を作りました。
 そんな作業をしつつ、20年前はまだパソコンのHDDの容量が少なく、このような作業が日常茶飯事だったな、と懐かしく思い出したりもしました。

掲載時刻 21:07

2019年09月02日

ヘイト(差別扇動)にまみれた国

 先週、毎日新聞の川柳投稿欄に、韓国ヘイト(差別扇動)を煽ったものが「秀逸」として掲載されました。
 さらに、本日発売の週刊ポストは、異常としか言いようのない「韓国ヘイト特集記事」を掲載しました。そして、その広告が、電車の中吊りや大手商業新聞に掲示されたわけです。
 政府が煽り、商業マスコミがそれに従って拡大している、ヘイトスピーチが日に日に拡がっています。
 世の中がおかしくなっているのは今に始まったことではありませんが、ここ数年、特にその転落ぶりが加速しています。
 非常に悲しく思うと同時に、一刻も早くこんな異常な世の中を変えて、「2019年の日本は本当に酷かったけれど、今はかなり良くなった」と言えるような時代を作らねば、と強く思いました。

掲載時刻 22:33

2019年09月01日

不調なとき

 様々な理由で調子が悪くなるときがあります。
 そんなときの仕事の進め方は、コンクリートの海を泳いでいるような感じになります。
 これまで普通にできた事ができなくなり、えらく時間がかかってしまいます。
 ただ、その厳しい状況で諦めずに、コンクリートの海を泳ぎ続けていると、苦労しながら目的地に到達します。
 そのとき、不調から抜けることができるわけです。
 率直に言って、まだまだ不調な状態から抜け出せていないのですが、この経験をもとに、なんとか、あがきつつ、目的地に到達できれば、と思っています。

掲載時刻 23:54

2019年08月31日

地図と実地

 子どもの頃から地図を見るのが大好きでした。
 そして、地図で色々想像して、実際にその場所に行き、「なるほど、あの地図の場所は実際にはこうだったんだな」と感慨にふけったものでした。
 趣味でやるぶんには楽しいのですが、仕事でやると楽しさと別の感情が生じます。
 今日も、「地図で見ると普通の道だけれど、実は、崖みたいな狭い急坂だった」というところに行きました。近日中にここを自分で運転する必要があり、感慨どころか不安感が生じました。
 やはり、趣味でやるのと仕事でやるのでは、同じ事でも全然精神的に違うものだな、とつくづく思いました。
 色々と忙しい案件が重なっていますが、余裕ができたら、地図を見てみつけた場所に遊びに行きたいと思っています。

掲載時刻 22:27

2019年08月30日

11回めの契約更新

 奇数年のこの時期になると、アパートの契約更新があります。
 ここに住んで今年で22年目になります。そのため、契約更新も11回目になりました。
 書類を書くのが面倒だったのですが、今年からついにネット更新ができるようになりました。
 当然ではありますが、手続きの手間が全く違います。印鑑や署名などの法律的な問題をクリアするなど、頑張ってくれた管理会社には感謝しています。
 というわけで、今回は家賃値下げ交渉をしなかったのにも関わらず、満足感がある契約更新をすることができました。

掲載時刻 21:08

2019年08月29日

エネルギー源

 今月半ばから、気力の低下に苛まれていました。
 家の事とか、暑さで体力が低下したこととかが原因だったと思われます。
 しかし、先日、不合理な案件が発生し、ちょっと闘わねばならない案件が生じました。
 すると、この気力低下がかなり改善されました。
 家のことも、気候の悪さも相変わらずですが、一つのモチベーションができたことで、気力が回復したわけです。
 自分の存在意義かつ、自分を動かすものが「不合理なものと闘い、正すこと」であることが改めてよくわかりました。

掲載時刻 22:47

2019年08月28日

FBの不適切広告の法則

 フェイスブックに、フェイクニュース系の雑誌広告が出てきました。
 早速、「広告を報告」ボタンを押して「フェイクニュース」を選択して送信しました。
 すると、それ以来、似たようなインチキ商売系の広告がバンバン表示されるようになりました。
 もしかしたら、「広告を報告」したら、似たような広告を表示させて報告させ、スパム広告を利用者にチェックさせる機能でもあるのだろうか、と思いました。
 まあ、無料で使っているので文句は言えませんが、鬱陶しいことには変わりはありません。
 とりあえず、フェイスブックを視る頻度は減らさねば、と思いました。

掲載時刻 23:00

2019年08月26日

二週連続で厳しい通告

 先週、日頃から大変お世話になっており、かつ、今の仕事においてなくてはならない立場の方から、病院の検査で深刻な結果が出た、と言われました。
 それだけでかなりショックを受けたところで、今日は、大切な家族から、同じような結果が出た話を聞きました。
 さすがの自分も、少なからぬ精神的ダメージを連続して受けました。まあ、今の時代ですから、大変な結果が出たところで、それを覆せるくらい、対抗技術は進歩しています。
 それを信じて、元気に回復できる事を願っています。とはいえ、やはり心配は消すことができませんが…。

掲載時刻 22:33

2019年08月24日

気温と寝苦しさ

 しばらく前まで、かなり寝苦しさを感じていました。
 熟睡できないうえに、4時から5時にかけて目がさめてしまいます。
 なにか、病気にでもなったのか、と心配していましたが、昨晩はぐっすり眠ることができました。
 そして、朝、外に出たら、これまでと違う涼しさを感じました。
 どうやら、眠りが良くなかったのは、夜の暑さのせいだったようです。
 一安心しましたが、これからまた夜が暑くなった時の対策を練らねば、と思いました。

掲載時刻 21:30

2019年08月23日

成長は難しいが、劣化は簡単

 朝日新聞を読んでいたら、外交関係の記事で政府関係者が「やれるものならやってみろ」と言った、と書かれていました。
 えらく程度の低い暴言ですが、別に、記事はその政府関係者を批判しているわけではありません。むしろ、当然の発言であるかのように書いていました。
 当たり前でのことですが、公の場で「やれるものならやってみろ」などと言うのは、まともな社会人のやることではありません。ましてや、外交でそんな事を言うのは論外です。
 そのような異常な事を、政府関係者が当然のように言い、大手新聞が当然のように記事にするわけです。
 関係者も記者も今の地位を得るまで、若い頃はたくさん努力して、自分を高めていたと思われます。
 しかし、政府のトップが先導した劣化に迎合した結果、こんなレベルまで堕ちてしまったわけです。
 人間が成長するのは大変ですが、劣化するのは簡単にできるものなのだな、と呆れつつ、今後について色々と心配になりました。

 
掲載時刻 23:29

2019年08月22日

騙す方も騙されるほうも喜ぶ商売?

 今世紀に入ってから、本屋の一角に「崩壊する中国経済」だの「お先真っ暗の韓国経済」だの「中韓の没落と対象的に日本経済が栄える」などという本が積まれるようになりました。
 これらの本に書かれた「予言」は何一つ実現していません。しかしながら、「嘘の予想を書くな!」などと出版社や著者にクレームが殺到した、などという話は聞きません。
 そして、同じ著者が同じ「予想」の本を出し続けているわけです。という事は、商業的には成功しているのでしょう。
 大外れの「予想本」が売れ続ける、というのは奇妙なものです。
 まあ、その類の戯言本を読んでいる人は、別にその本を今後の経済を見る指標に使っているわけでなく、自分の持つ中韓への悪意を補強してくれる事が嬉しくて買っているのでしょう。
 かなりみっともない「ビジネスモデル」ですが、それが成立してしまう、というのが今の日本の現状なわけです。
 一刻もはやく、このようなみっともない商売が廃れる事を願っています。

掲載時刻 21:24

2019年08月20日

絶対に冷凍餃子を焦がさない方法

 ちょくちょく書いてきたように、週に一回、冷凍餃子を料理していました。
 一回目は袋に記載されている焼き方を見ただけで焼いて焦がしてしまい、二回目はネットで焼き方を検索したものの、前回よりマシとは言え、やはり焦がしてしまいました。
 そこで、今度こそ焦げていない餃子を食べようと、「冷凍餃子 焦がさない」で検索してみました。
 焦がさずに焼く方法が色々書いてあったのですが、具体的に実践できるようなものはありませんでした。
 そうやって検索し続けているうちに、絶対に焦がさない方法にたどり着きました。
 それは、冷凍餃子を水餃子にする解説でした。
 確かにこれなら絶対に焦げません。
 茹でているうちに油が抜け、淡白になりましたが、焦げるよりはマシです。
 というわけで、やっと自分の料理の腕に相応した、餃子の料理法を習得することができました。

掲載時刻 22:47

2019年08月19日

あおり運転を大報道

 今日の日中における民放テレビ欄は、「あおり運転」一色でした。
 半年くらい前にも、同じようにマスコミが「あおり運転」で大騒ぎした事がありました。
 その時期に、仕事であるところに言ったらたまたまワイドショーがついており、30分間、ひたすら同じような「あおり運転」の詳報を流し続け、心底呆れたことがありました。
 確かに問題ですが、はっきり言って、「遭遇した時の対処法」さえわかれば、あとのニュースは一切必要がありません。
 だいたい、今、「あおり運転」より重大かつ報道が必要なニュースは山程あるはずです。
 にも関わらず、それを流さずに延々と「あおり運転」ばかり流し続けるわけです。
 あおり運転に劣るともまさらず、今のマスコミも酷いと思いました。

掲載時刻 22:03

2019年08月18日

自転車のスタンドが壊れる

 愛車・チャーリー号で目的地に着き、スタンドを立てようと足で蹴りました。
 すると、バキッという感じで、スタンドが折れてしまいました。
 この部分が壊れるというのは初めての経験でした。
 もっとも、来月で購入してから丸6年となります。その間、ほぼ毎日、スタンドを蹴っていたわけです。
 それだけの負荷があれば、壊れるのも仕方ないな、と思いました。
 普段は、スタンドの事を意識して見ることもありません。壊れてはじめて、こんなボロボロに錆びていたんだな、と驚きました。
 その後、無事に新たなスタンドがつきました。引き続き、この愛車・チャーリー号にはお世話になります。大切に使い続けたいものです。

掲載時刻 22:12

2019年08月17日

精神論のダメな例

 相変わらず、猛暑の真っ昼間に屋外で高校生に野球をやらせる、という異常な事が行われています。
 今日も、西宮市は「熱中症に注意」という、本来なら屋外の運動を禁じるべき状況でした。
 そんななか、ある学校が、投手に165球も投げさせたそうです。
 しかも、それを報じたスポーツ紙の見出しは「魂の165球」などと、無批判に持ち上げるものでした。
 これまで、その「魂の投球」とやらをやったため、10代で投手生命が絶たれた少年が多数存在します。にも関わらず、それを異常と指摘するどころか、美談として持ち上げる風潮が今でも存在しています。
 改めて異常さに呆れるとともに、一刻も早く、この野球大会に球数制限を導入し、かつ開催場所を屋内ドーム球場に変更すべきだと、改めて思いました。

掲載時刻 21:17

2019年08月16日

74回目の敗戦記念日

 昨日書くつもりでしたが、睡魔に勝てなかったので、一日遅れた今日書きます。
 毎年、この時期になると、「戦争は愚かだ」とか「戦争は虚しい」という言説が流れます。
 たしかに、兵隊として駆り出された人や、戦地に住んでいて被害にあった人にとってはそれが真理です。普通の人にとって戦争は百害あって一利ないものです。
 しかしながら、全体的な比率からすれば少ないのですが、世の中にはそうでない人も確実に存在します。
 実際、74年前に国としての日本は惨敗し、多くの命が失われました。しかしながら、その日本でもその戦争を利用して大儲けした人は存在します。
 彼らにとっては、「戦争は儲かるもの」であり、愚かでも虚しくもありません。
 そして、そういう人たちがいるからこそ、戦争が始まるのです。
 そのような存在を隠して「虚しい」とか「愚か」と言っても説得力はないでしょう。
 やはり、戦争というのは、ごく一部の人が幸せになるために、残りの大多数の人を不幸にするもの、というふうに伝える必要があるのでは、と強く思っています。

掲載時刻 20:42

2019年08月14日

豪雨と熱波のちゃんぽん

 朝、9時過ぎにいきなり豪雨になりました。
 30分ほど降り続いたと思うと、カラッと雨が上がり、今度は熱波の日差しとなりました。
 その後も、何度か、豪雨→熱波→豪雨の繰り返しがありました。
 10年くらい前だったら、ありえないような異常気象ですが、もはやすっかりこんなパターンにも慣れてしまいました。
 毎度のことですが、気候変動が進んでいる事を実感させられます。
 ニュースではパリで40度超えなどというのが話題になっています。これを見たときは驚きましたが、そのうち、こんな情報にも慣れてしまうのかも、などと思いました。

掲載時刻 21:39

2019年08月13日

焼き餃子挑戦 その2

 先週に続いて、焼き餃子に挑戦しました。
 前回の失敗に懲りて、今回は、ネットで「冷凍餃子の焼き方」を検索して臨みました。
 加えて、「大さじ一杯」がどのくらいの量を意味するかも検索しました。
 その効果もあって、先週よりはだいぶマシになりました。
 ただ、どうしても、フライパンに面した部分が焦げてしまいます。
 これさえなければ完璧なのに・・・と悔しく思いました。
 次回は、「冷凍餃子を焦がさずに焼く方法」を調べた上で臨もうと思っています。

掲載時刻 20:08

2019年08月12日

掲載時刻 21:15

2019年08月11日

2019/8/11の更新

 大野隆の別ブログに「輸出戻し税」で儲かる会社と損する人々を掲載しました。

掲載時刻 21:13

引きこもった一日

 今日は朝から夜まで、相方と二人して一歩も家を出ませんでした。
 昨日のうちに、今日の朝食と昼食の材料を買い込んで、買い物に行かずにすむようにしたのです。
 ゆっくり寝たあと、パソコンに向かったり、雑誌を読んだり、テレビを見て過ごしました。
 はたから見れば、何もしていないようですが、かなりの懸案をこなせました。
 あと、ぼーっと過ごすことにより、頭の中がかなりスッキリしたように思えました。
 やはり、休養というのは重要だな、としみじみ思いました。
 明日も休みですが、外は暑そうなので、同じような感じで過ごそうと思っています。

掲載時刻 21:11

2019年08月10日

ビッグサイト南館

 昨日ですが、相方の手伝いでコミケに行ってきました。
 今回のスペースは、先月完成したばかりの南館でした。
 完成直後という事もあり、空調管理なども完璧で、外の猛暑に全然影響されていませんでした。
 考えてみれば、既存の東館・西館・会議棟は1996年開業ですから「築23年」になるわけです。
 それだけに色々老朽化しているところもあるでしょう。それもあってここ数年は暑さ寒さで苦労することもありました。
 それだけに、23年後にできただけあって、そのあたりの欠点を克服しているのだな、などと思ったりもしました。
 そういうわけで、入ってからは過ごしやすかったのですが、入るまでは大変でした。
 特に、りんかい線の国際展示場駅からだと、かなり長い時間歩かされます。
 物理的に仕方ないとは言え、これは何とかならないものか、と延々と歩きながら思いました。

掲載時刻 22:44

2019年08月09日

2019/8/9の更新

 翔みならブログ「めもちょう」に夏コミ御礼を書きました。

掲載時刻 23:31

2019年08月07日

甲子園大会2019

 甲子園の高校野球大会が始まったようです。
 最後に甲子園大会を観戦したのは10年前でした。
 椅子に座ったとたん、あまりの熱さにおどろき、20分で我慢ができなくなり、退散したものでした。
 そのときより、地球温暖化は進んでいるにも関わらず、相変わらず、この真夏の日中に野球をやらせているのですから信じられません。
 「虐待」と言っても過言ではないでしょう。
 まあ、以前よりは、選手である高校野球部員の人権や健康を気遣う論調が増えているのはわずかな救いではあります。
 いずれにせよ、一刻もはやく、「気象庁が外出を控えるような異常な暑さにも関わらず、日陰すらない場所で高校生に野球をやらせる」という異常な行為が一日でも早くなくなる事を願ってやみません。

掲載時刻 22:29

2019年08月06日

生まれて始めて餃子を焼く

 自分の大好物の一つに餃子があります。
 特に、我が大野家に伝わる、市販と違う独自性のある餃子には目がありません。
 いまでも実家に行くと母が作ってくれる餃子や、かつて弟が近所に住んでいたときに遊びに行くと作ってくれた餃子を食べる事ができたのは、自分にとって最大の幸福の一つです。
 というわけで、餃子を作ってもらう事は得意ですが、自分で作った事はありませんでした。
 ところが、ある事情で、大量の冷凍餃子を処理しなくてはならなくなり、自分で焼く必要性が生じました。
 そこで、人生初の餃子焼きに挑戦してみました。冷凍餃子の袋に書いてある簡単な説明を読みましたが、それでうまくいくわけはありません。
 一回目は最初に焼きすぎて「焦げ餃子」になり、二回目は水を入れすぎて「焼き水餃子」になってしまいました。
 なんとか食べる事はできましたが、やはりど素人が袋だけみてできるものではないな、と痛感させられました。
 しかしながら、まだまだ冷凍庫には餃子がたくさんあります。
 捨てるわけにはいかないので、なんとかこれを機に、餃子の焼き方を習得せねば、と思っています。

掲載時刻 22:10

2019年08月05日

いろいろ経験ができた一日

 昨日は道を間違えた事を除けば、かなり楽しく、有意義な時間を過ごせた一日でした。
 しかし、その反動がきたのか、今日は早朝からろくなことがありませんでした。
 一つは自業自得なものだったのですが、それ以外は、とばっちりとしか言いようのない原因で不愉快な想いをさせられたものばかりでした。
 もっとも、これだけ集中してやってくると、逆に対抗心が強くわきだします。
 また、今後、改善していくためのいい材料でもあります。
 そういうわけで、ろくでもない事にさらされながらも、むしろ色々と意欲が出た一日となりました。
 とはいえ、どうせ一日を過ごすなら、昨日のような楽しい日のほうがいい、というのもまた明白な事実でありますが…。

掲載時刻 22:30

2019年08月04日

2019/8/4の更新

 翔みならブログ「めもちょう」に夏コミおしながきとサンプルを掲載しました。

掲載時刻 19:39

方向感覚を過信して間違える

 若い頃から、方向感覚には自信があります。関西に旅行中に地元の人に道を尋ねられ、案内した事もありました。
 しかし、今日は、駅から目的地に行こうとして、正反対の方向に歩いてしまう、という失態をおかしてしまいました。
 これまで2回しか行った事のないところです。したがって、駅についた時点で、スマホの地図検索をするのが当然でした。ところが、自分の方向感覚を過信し、猛暑のなか、ムダに歩いてしまったわけです。
 何事も過信するのはいけない、という事、また、暑いときは判断力が鈍るからより慎重に行動すべき、という2つの教訓を得ることができました。

掲載時刻 19:36

2019年08月03日

車に入り込んだアリ

 車を運転していたら、フロントガラスにアリがいました。羽のない働きアリです。
 どこかの駐車場でドアを開いたときに入ってきたようです。
 社会生活を送っている働きアリです。車に乗ってしまった以上、もとの社会には戻れないわけです。
 しばらく窓を開けていたら出ていきましたが、出た先でどんな生活を送るのでしょうか。
 もはや故郷に戻るのは不可能です。新たなところで、そこに住むアリの社会に入ることができるのでしょうか。
 数分間一緒になっただけですが、そんな感じで、将来をおもんばかってしまいました。

 
掲載時刻 22:46

2019年08月02日

将棋道場

 10年ぶりくらいに、将棋道場で対局しました。
 場所は稲毛の駅前です。ちなみに、千葉に来て22年近く経ちますが、千葉にある将棋道場に行ったのは初めてでした。
 実は、今年初めて将棋を指したのですが、何とか一回は勝つことができました。
 もはや、「強くなろう」どころか「将棋を指そう」と思うことすらほとんどありません。とはいえ、勝てるとやはり嬉しく思いました。
 同時に次に将棋道場に将棋を指しに行くのはいつになるだろうか、と思いました。今の生活パターンを考えると、今日が人生最後だったのかもしれないな、などと思ったりもしました。

掲載時刻 20:22

2019年08月01日

塀越しににらみ合う猫

 帰宅していると、ある街角で猫の戦闘的な声が聞こえてきました。
 何だと思って見てみたら、ある家の塀の前に、茶色い猫が二本足で立って、声をあげていました。
 塀の向こうには、その家に住んでいる猫がいました。その二人で、声を出し合っていたのです。
 本来は四本脚であるにも関わらず、二本足で立ち続け、塀の向こうの猫に声をあげ続けている姿は、心に響くものがありました。
 ただ、せっかくそこまで身体能力を使うなら、できれば仲良くしてほしいものだ、とも思いました。

掲載時刻 22:42

2019年07月31日

いつになっても貴重な相談相手

[ ]

 仕事中、一気に2つも困った案件にでくわしました。
 いずれもかなり面倒な案件です。
 困ったときに愚痴ったり相談するのは昔も今も弟です。
 何度か書いているように、弟は4年近く前に世を去りました、でも、相談に乗ってくれます。
 とはいえ、イタコに依頼して、弟を降霊してもらう、などというわけではありません。

 自分も弟も、霊魂も死後の世界も一切信じていません。
 4年ほど前に彼が世を去った時点で、弟の時間は永遠に止まっています。当然ながら、弟はもう、考えることも話すこともありません。
 それでも、弟の遺影を見ながら、愚痴や悩みを思い浮かべます。すると、生前、弟と一杯やりながら色々と相談に乗ってもらった事を思い出すのです。
 その自分に蓄積されている、かつて弟が助言してくれた事を、今の悩みに当てはめると、おそらく、弟が言ったであろう言葉が頭に浮かびます。
 今日の懸案事項に対しても、「兄ちゃん、気持ちはわかるけど、それで怒っちゃだめだよ」と言うだろうな、などと記憶を頼りに弟の助言を想像しました。
 それで冷静さを取り戻し、なんとか対応することができました。
 改めて、弟に感謝しました。これからもずっと、色々と相談し続ける事でしょう。
 同時に、今でも非常に助かってはいるものの、やはり、実際に生きている弟と話したいものだな、と寂しさを感じました。

掲載時刻 22:42

2019年07月29日

祭りの準備

 職場のある検見川町では、毎年8月頭に町内あげてのお祭りがあります。
 すでに町内では、祭りの服を来た多くの人たちが、電柱に笹竹をくくりつけるなど、準備を始めています。
 率直に言って、お祭りというのはよくわかりません。いい思い出といえば、小学校のとき、お祭りの模擬店で売られる「あんず飴」の店に出ていた、みかんの缶詰を水飴で覆ったものが大好物だった、というくらいです。
 しかし、この年になっては、それを食べようとする気はもちろんおきません。
 街中総出で頑張って準備して神輿を動かすわけですが、こんな暑い中、熱中症にならないのだろうか、と心配になってしまいます。
 詳しい知識はないのですが、今の時代にどれだけ必要なのだろうか、というのが率直な感想です。

掲載時刻 22:35

2019年07月28日

昔ながらのサイト

 このサイトには、いまだにアクセスカウンターとリンク集があります。
 20世紀末のインターネット黎明期には、サイトにこの2つをつけるのは、基本中の基本でした。
 しかしながら、今は昔で、いま、そのようなものがあるサイトはほとんどありません。
 このサイトにおいても、カウンターやリンク集が必要なわけではありません。
 ただ、サイト作成時から存在していたわけですし、手間かけて外すほど不要なものではありません。
 それはともかく、久々にリンク集の掃除をしました。消えてしまったサイトはもちろん、最終更新が9年前だったり、サイトの趣旨がすっかり変わっているところなどを整理しました。
 いくつかのサイトは、かつての体裁を保ったままで、「ああ、昔はこんなデザインのサイトが一般的だったな」などと懐かしく思ったりしました。
 もっとも、このサイトも、14年近く、外観を変えていません。
 いろいろと変えたいところはあるのですが、研究したり作業をしたりする時間もないので、このままになっています。
 おそらくは、当分はこの外観が続くと思いますが、引き続きご愛顧いただければ幸いです。

掲載時刻 22:27
Powered by
Movable Type 2.661